car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スバルが今風の新型SUV車種を提案、トヨタ・C-HR、マツダ・CX-30に対抗

スバル新中期経営ビジョンSTEPで示されたBOLDERとSUV強化を期待させる

スバルはVIZIV ADRENALINE CONCEPTをジュネーブモーターショー2019で発表した。トヨタ・C-HRやマツダ・CX-30の対抗となる市販モデルの導入が期待される。

(動画はVIZIV ADRENALINE CONCEPT)

昨年2018年7月にスバルは、新中期経営ビジョンSTEPを株主向けに発表していた。そのなかで、新世代デザインコンセプトのBOLDERについての言及があり、これまでDynamic×Solidという言葉で示されてきたスバルのデザインコンセプトが新しくなる。

BOLDERは「大胆」を意味する。これを初めて車体で表現したのが、ヴィジヴ アドレナリン コンセプトである。
viziv adrenaline concept

インプレッサベースのXVでは、CセグメントSUVカテゴリを戦えない

VIZIV ADRENALINE CONCEPTのボディサイズは、全長4490mm×全幅1900mm×全高1620mm。現行モデルで言えば、スバルXVとサイズとキャラクターが近い。

XVは2017年にフルモデルチェンジしたばかり。タイミング的にはXVの後継というよりも、全く別の新型車種を示唆している可能性がある。

XVは、もともとインプレッサの派生モデルとしてラインアップされてきた。モデルチェンジごとに専用設計部分が増やされてはいるが、まだXVがインプレッサベースであることはイメージ的にも拭えていない。

VIZIV ADRENALINE CONCEPTのような、フロントはちょっと腰高でゆとりがあり、リアはタイトに引き締められている。ビジュアル的にも今風のSUVをスバルもラインアップに加えたいのではないか。

#1 匿名さん2019/04/01(Mon)22:19:51ID:RhOTdlZG2Y
スバルはコンセプトカーはいつも近未来的なものを採用するが、実車は代わり映えしないものに尽きるから、仮に実車販売をしようとしても今の現行車種群のデザインから大幅に変更になることはまずないでしょう。
#2 匿名さん2019/04/01(Mon)22:40:06ID:Y5MDBiZDTZ
スバルのデザイン(外装内装とも)に期待するのはムダ
#3 匿名さん2019/05/02(Thu)21:48:30ID:BkYjI2OGWZ
やたらとデザインにラギッドという言葉を使いたがるスバル。
要するに、ダサいアメリカ人向けのデザインしか作れないスバル。

デザイン変えてもリコールにはならないのだが。。。
#4 匿名さん2019/05/04(Sat)00:31:12ID:ZkM2EwODWM
嫌なら乗らなきゃええやんけ。
#5 アンチ#3 2019/05/15(Wed)17:08:33ID:EzODgyNmjM
デザインの本質が解ってない。バウハウスの理論から勉強し直しなさい。
#6 匿名さん2019/05/17(Fri)06:58:07ID:AyMDJkZjWZ
スバルは会社の体質を今風にするのが先決だと思いますよ
#7 匿名さん2019/05/29(Wed)16:39:57ID:I2MTZjMzDY
スバルは吉永社長時代からホントにひどいメーカーになりましたね。残念だ。
#8 匿名さん2019/06/30(Sun)08:03:29ID:ZmMGNkNmTZ
吉永前社長が富士重→スバルをダメにした。自製サンバーを含む軽の廃止。CVTばかりでマニュアルシフト車を出さない(アホ)頑固なラインナップ。レヴォーグのマニュアル車があれば俺はすぐに検討するがな。ただ、一時代前のレガシィのような本格的ワゴンの車づくりをしていないからな…。アテンザワゴン(マニュアルシフトあり!)と比べてだけど。時代が違うと一蹴されるかもだが、WRCで活躍していたころの富士重が懐かしいな。

名前(任意)
コメント
ジャスティ/ルクラ/プレオ

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先