car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スバルがWRX S4を公式発表、2014年8月25日発売日、ティザーサイト開設

WRX S4が8月25日に発売、スバル公式ティザーサイトがオープン

スバルは新型スポーツセダンのWRXシリーズを市場投入させる計画となっていたが、遂にその標準モデルに相当するWRX S4が正式に発表された。発売日は2014年8月25日となる。

wrx s4

スバル公式のティザーサイトもオープンされ、発売に向けてのプロモーションが本格的にスタートした。

(写真は新型WRX 北米仕様)
新型WRX WRX ロサンゼルスオートショー2013

新型セダンWRXはS4とSTIの二本立て、S4はレヴォーグと共通部分が多い

WRXを名乗るモデルはこれまでにインプレッサWRX STIとしてインプレッサシリーズにラインアップされていたが、新世代モデルからは車種は独立しWRXシリーズとなる。ボディ形状はセダンのみとなり、WRX STIとWRX S4が用意される。

(写真は新型WRX STI 欧州仕様)
WRX STI スバルWRX STI ジュネーブ

WRX STIは、従来のインプレッサWRX STIを引き継ぐモデルとして、EJ20型エンジンを搭載し最高出力308ps、トランスミッションは6MT。ボディ剛性は強化される。

(写真は新型レヴォーグ)
レヴォーグ 予約開始

一方でWRX S4はレヴォーグセダンとも言える仕様である。スバルでは、新型レヴォーグが昨年の東京モーターショー2013で発表されて以来、人気となっている。レヴォーグはレガシィツーリングワゴン後継のステーションワゴン車として位置付けられ、エンジンはFB16ターボとFA20ターボの2種類がラインアップされた。新型WRX S4は、このレヴォーグFA20ターボモデルのセダンバージョンに相当すると考えていいだろう。WRX S4の車両価格は、このレヴォーグの2.0Lモデルに準じたもので、消費税込み334万8000円からとなる。

またスバルの運転支援システムアイサイトは、新型レヴォーグからバージョン3.0に進化していたが、これは新型WRX S4にも採用されることがスバルから公式に発表されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント