スバル新型インプレッサG4/SPORT、発売一ヶ月後の受注が11050台で好調

新型インプレッサ発売初期受注が月間目標の4倍を獲得、全車アイサイト標準装備

スバルではインプレッサの受注が好調であることは前回のレポートでも報告した通り。その受注台数は発売後約一ヶ月で11050台となっていることが発表された。

(写真は新型インプレッサSPORT)
スバル インプレッサ スポーツ 5ドア

新型インプレッサは2016年10月13日にフルモデルチェンジ発売されたモデルである。9月1日から予約受付を開始しており、実質的には約2ヶ月半の期間に獲得できたオーダー数ということになる。月間目標台数はやや少なめの2500台であるが、その4倍を超える受注となった。

(写真は新型インプレッサG4)
スバル インプレッサ G4

新型インプレッサはスバルファン以外からも好評、SGP採用で車格アップ

新型インプレッサの受注内訳は、セダンのG4が2226台、ハッチバックのSPORTが8824台となり、SPORTが圧倒的に優勢となった。

インプレッサスポーツ リアコンビネーションランプ インプレッサ ヘッドライト

エンジン別では、G4は1.6Lエンジンが18%、2.0Lエンジンが82%の割合となり、同じくSPORTでは1.6Lが26%、2.0Lが74%となった。G4でより2.0Lエンジンが好まれる傾向が強く、スポーツ志向が強いユーザーに選ばれているようだ。

スバル インプレッサ G4 ニューヨーク国際オートショー2016 インプレッサG4

また、オーダーの51%がスバルオーナー以外によるものとしており、幅広い客層から支持されていることがわかる。このあたりは、アイサイトの標準装備化も大きく貢献している要素の一つだろう。さらに新開発プラットフォームのSGPが採用されたことで車格もアップしている。車両価格はエントリーモデルで192万2400円と従来からのインプレッサのイメージで捉えれば高いわけだが、見た目も大きさも装備も200万円クラスのクルマとしてしっかり成立しており、これがオーダー獲得に結びついていると考える。

タイトルとURLをコピーしました