レヴォーグのSUV化を予告か?SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT発表

スバル
このページの情報は古いです
レヴォーグの最新ニュースはこちらです
 NEW  レヴォーグにFA24型エンジン搭載車のグレード追加、フルモデルチェンジ2年目の一部改良

スバル ヴィジヴ ツアラーコンセプトがジュネーブでワールドプレミア

スバルはプレスデーが開催中のジュネーブモーターショー2018で、SUBARU VIZIV TOURER CONCEPTをワールドプレミアさせた。Dセグメントクラスのステーションワゴンボディであることから、次期レヴォーグとしての市販が想定される。

次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT

こちらのコンセプトカーは市販化されました。詳しくは、
新型レヴォーグは手放し運転可能、CB18型エンジン搭載

次期レヴォーグを予告するコンセプト、SUVテイストな樹脂フェンダー

SUBARU VIZIV TOURER CONCEPTのフロントデザインはヘキサゴングリルとコの字型ヘッドランプによって構成されるスバルのファミリーフェイスそのもの。アイサイトのステレオカメラにもデザイン的なアクセントが置かれ、安全運転支援システムの装備がアピールされている。

次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT フロントグリル 次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT ジュネーブ

全幅やリアオーバーハング長も現行レヴォーグから大きく変わらないサイズ感である。北米向けて大型化したレガシィシリーズに対して、欧州や日本で受け入れやすいレヴォーグのボディサイズの維持が期待される。

次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT リアコンビネーションランプ

リア周りでもコの字型のリアコンビネーションランプが特徴となる。リアフェンダーの膨らみが豊かで、次世代らしいデザイン性を感じられるところ。このあたりまで市販モデルで再現することができれば、スバルのデザインに対する評価も変わるだろう。

次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT 2018

気になるのは、フェンダー部分がカーボン調パーツで装備されており、SUVテイストに仕上げられている点である。全高もやや高めに感じ、近年のトレンドに従いSUVスタイルに仕上げるられるのだろうか。インプレッサに対するXVのようなモデルを予告しているのかもしれない。

このページの情報は古いです
レヴォーグの最新ニュースはこちらです
 NEW  レヴォーグにFA24型エンジン搭載車のグレード追加、フルモデルチェンジ2年目の一部改良
タイトルとURLをコピーしました