スバル・レヴォーグが後期型へマイナーモデルチェンジ、2017年6月予定

レヴォーグがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト実施予定

スバルのステーションワゴン、レヴォーグのマイナーモデルチェンジが2017年6月に予定されている。2014年の発売から3年が経過するタイミングとなっており、レヴォーグは後期型へ移行することになる。

(写真は現行レヴォーグ)
レヴォーグ 予約開始

レヴォーグから新型インプレッサへ販売台数が移っている状況、マイチェンで盛り返し

近年のスバルの好調ぶりは北米市場での成功に依るところが大きいだろう。同時に、主力のレガシィシリーズは北米市場の好みに合わせてボディサイズが拡大化され、日本市場では大き過ぎるモデルとなった。これに対して、レヴォーグは日本市場に最適化されたボディサイズで、2014年に新たにスバルのラインアップ加わったシリーズとなる。

レヴォーグ 2015 レヴォーグ 東京モーターショー2015

レヴォーグのボディサイズは全長4690mm×全幅1780mm×全高1490mm、ホイールベースは2650mmとなる。今夏のマイナーモデルチェンジはフェイスリフトも含まれるということなので全長で多少の変化があるかもしれない。

(写真はインプレッサ)
インプレッサ 5ドア

一方でワンランク下のインプレッサは、水平対向エンジン搭載のエントリーモデルのイメージながらもレガシィ同様にボディサイズの拡大を経てきた。2016年のフルモデルチェンジで更に立派となったインプレッサのボディサイズは、ワゴンのSPORTで全長4460mm×全幅1775mm×全高1480mm、ホイールベースは2670mmとなる。レヴォーグとの比較では、全長はインプレッサSPORTが230mm短いが、ホイールベースではむしろインプレッサの方が20mm大きい。販売台数ではレヴォーグよりも車両価格の安いインプレッサに人気が移っている状況となっており、マイナーモデルチェンジでの挽回が期待される。

関連するレポート

[ 2017/05/09 ]
#1 匿名さん2017/05/10(Wed)21:20:39
こんばんは!
レヴォーグが、いよいよマイナーチェンジですね!

スバルも日産に続いて、自動運転を搭載して欲しいです!
#2 匿名さん2017/05/11(Thu)17:56:15
アイサイトVer3は全車速追従クルーズコントロールとアクティブレーンキープ(車線逸脱防止アシスト)が標準。
日産より先に自動運転できてる。
細かい機能的には日産の方が上だが、事故の場合全ての責任は車でなくドライバー。
車任せで、ステアリングに軽く手を添えて寝てられますか?
それができないなら正直アイサイトで十分すぎる機能だ。
#3 匿名さん2017/05/12(Fri)16:35:09
自動運転で寝ていいと思ってますか?
#4 匿名さん2017/05/13(Sat)13:41:42
#2
いや、その考え方は危険だし、
何よりアイサイトでも他でも重篤事故起こってる以上、メーカーは決して
「アシスト機能」でしかないものを「近自動運転」や「安全機能」の様に
宣伝してはならないと思う

特に初期~中期のアイサイトの宣伝文句には目に余るものがあった
安東氏や山下氏など数々のジャーナリストもやっと指摘し始めたが、あれでは詐欺だ
#5 匿名さん2017/05/14(Sun)13:14:50
自動運転は、まだまだこれからの技術、信用しすぎないことです。 
事故になっても責任は運転手だよ。
#6 匿名さん2017/05/14(Sun)15:03:37
シビックが日本市場に合わない肥大化でレヴォーグが日本市場に合わせた最適化か。似たようなサイズで何が違うのか。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.