car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

インプレッサG4ハイブリッドは2013年3月の発売予測、車両価格は安くなる

インプレッサからのハイブリッドはG4が先か?

2013年初頭はインプレッサシリーズからスバル初のハイブリッドモデルが登場するとされているが、ここにきて未だに詳しい情報が入ってきていない。インプレッサの中でもセダンのG4あるいはSUVのXVが先行してハイブリッド化されるということであったが、このうちどちらが先にデビューするかについても確定的な情報が無い状況だ。
しかし、XVは発売したばかりでノーマルガソリン車の販売初期受注が好調であった。このためまず発売されるのは、G4ハイブリッドからという予測が有力となりつつある。

インプレッサハイブリッドの発売時期については、2013年3月というのが最新の予測である。当初は2012年秋という話もあったのだが、これまでじわじわと延期を続けてきた。しかし、2012年度中の発売を公言していたことから、最終リミットの2013年3月には発売されるだろう。

(写真は現行インプレッサG4)
インプレッサG4

インプレッサに搭載されるハイブリッドシステム

スバル初のハイブリッドシステムがどのような構成になるのか?これまでのコンセプトモデルや現行コンポーネントを見てみるとその概要が見えてくる。
インプレッサハイブリッドに搭載されるのは、1.6Lターボ+1モーターのシステムが最も実現する見込みが高く、あるいは2.0L NA+1モーターも可能性として残っているだろう。
これらはトヨタ式ハイブリッドであるTHSⅡの2モーター式とは異なるタイプで、水平対向エンジンとトランスミッションの間に1つの電気モーターが導入されるものとなる。いわゆるマイルドハイブリッドと言われるタイプで、電気モーターの介入が控えめのシステムになると予測される。燃費はハイブリッドカーとしては大した性能になりそうにないが、ハイブリッド化によるコストアップは抑えられるはずだ。
インプレッサハイブリッドは価格競争力を持ったモデルとして発売されるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント