car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

BRZ GT300ベースの市販モデルを予告か?EJ20ターボ搭載BRZコンセプト

スバル・BRZにEJ20ターボを搭載、ニューヨーク国際オートショー2015

スバルはSTI Performance Conceptを4月3日より一般公開が始まったニューヨーク国際オートショー2015でワールドプレミアさせた。

(写真はSTI Performance Concept)
BRZ STI パフォーマンス コンセプト

STI Performance Conceptの市販化の可能性はあるのか?

BRZ GT300 コンセプト STI Performance Concept ニューヨーク2015

STI Performance Conceptは、STIがBRZをベースに手掛けたコンプリートカーである。搭載されるエンジンは、BRZ市販モデルのFA20型に変わりEJ20型が採用される。

BRZ EJ20ターボ BRZ STI performance concept

いずれも2.0Lの水平対向エンジンであるが、ボア×ストロークはFA20型が86mm×86mm、EJ20型が92mm×75mmと基本構造が異なる。FA20型のNAエンジンはBRZおよびトヨタ・86向けに開発された感が強い。一方でEJ20型は1989年のレガシィ搭載を皮切りに多くのスバル車種への搭載実績があり、現在に至るまで改良が続けられてきた。特にスバルはBRZ GT300として、EJ20ターボを搭載させたSUPER GT レース車両を持っているが、これがSTI Performance Conceptの直接的なベース車になっていると考える。

(写真はEJ20型エンジン)
EJ20 エンジン

(写真はBRZ GT300車両、東京モーターショー)
BRZ GT300 東京モーターショー2013 BRZ GT300

販売台数の多くを北米市場に依存するスバルにとって、毎年4月に開催されるニューヨーク国際オートショーは非常に重要なイベントの一つ。昨年2014年にはアウトバックをデビューさせるなど、これまで多くの新型市販車の発表の場所として選ばれてきた。今回は市販実現性があやふやなコンプリートカーがスバルブースの主役となっておりやや寂しさを感じた。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント