レヴォーグ プロトタイプ、演出装置も新型、巨大LEDディスプレイ路面

スバル
このページの情報は古いです
レヴォーグの最新ニュースはこちらです
 NEW  レヴォーグにFA24型エンジン搭載車のグレード追加、フルモデルチェンジ2年目の一部改良

スバル新型レヴォーグ、2020年後半発売のほぼ市販型エクステリアを公開

東京モーターショー2019が開催中となっている。
スバルは次期型レヴォーグのプロトタイプを出品した。

近年、東京モーターショーのスバルブースは、油圧シリンダーで車体を持ち上げ、回転、傾斜角までつけるという大掛かりなデモンストレーションが行われてきた。今回から、これがさらにグレードアップ。路面として巨大LEDディスプレイ3枚が追加され、様々なシーンを走行するレヴォーグプロトタイプが演出された。

レヴォーグ

レヴォーグ2代目モデルはSGP、新世代アイサイト、1.8Lボクサーターボ搭載

次期型は2代目となるレヴォーグシリーズ。今回公開されたプロトタイプのエクステリアは、市販型とほぼ変わらないことが想定される。

レヴォーグ スバル

インテリアはまだ非公開。ウィンドウは黒色で中を除き見ることもできない。
ただし、新世代アイサイトのカメラ部分は透明ガラスで、認識視野が広角化されたというステレオカメラの装備を確認することができる。

搭載されるエンジンは新開発の1.8Lボクサーターボで、現行レヴォーグの1.6L、2.0Lから変更となる。

このほか、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)の採用により、基本性能を大幅向上させてくることになる。

発売時期はまだ少し先、2020年の後半になることが予告されている。

このページの情報は古いです
レヴォーグの最新ニュースはこちらです
 NEW  レヴォーグにFA24型エンジン搭載車のグレード追加、フルモデルチェンジ2年目の一部改良
タイトルとURLをコピーしました