スバル アウトバックの日本発売は10月の見込み、レガシィB4と同時デビューか

スバル
このページの情報は古いです
レガシィアウトバックの最新ニュースはこちらです
 NEW  スバル新型レガシィ アウトバックがフルモデルチェンジ、日本仕様414.7万円~先行予約スタート

スバルの新型アウトバックが2014年秋に発売、ボディサイズ拡大

スバルの次世代アウトバックが4月に開催されたニューヨーク国際オートショー2014でワールドプレミアとなっていた。その日本発売が2014年10月頃となる見込みである。新型アウトバックは、セダンの新型レガシィB4と同時デビューすることになりそうだ。

レガシィアウトバック 2014フルモデルチェンジ

レガシィのクロスオーバーSUV版としてポジショニングされるアウトバックであるが、従来モデルのボディスタイルは全高が低く抑えられたステーションワゴンに近い形状が採用されていた。新型アウトバックのボディサイズは全長4817mm×全幅1840mm×全高1680mmとなっており、全高は前モデル比で+75mm高くなった。全幅方向にも+20mmの拡大が加わりSUV車らしい豊かで迫力のある車体となった。

アウトバック 2014年フルモデルチェンジ レガシィアウトバック ニューヨークモーターショー2014

これだけのサイズアップを受けながらも機能的なエクステリアデザインを取り入れることで、空力特性は10%以上改善したとしており、これも燃費性能の向上に寄与している。

新型アウトバック リアシート 新型アウトバック トランクルーム

次期レガシィはアウトバックにも2.0L DITが設定される可能性あり

アウトバック北米仕様に搭載されるエンジンは、2.5L 4気筒水平対向エンジン(FB25型)と、3.6L 6気筒水平対向エンジン(EZ36型)の2タイプが用意される。いずれのユニットも現行モデルのものを基本としているが改良が加わることで、出力、トルク、燃費性能は向上する。

アウトバック インストルメントパネル 新型アウトバック シート

さらに、日本仕様のレガシィ アウトバックではDITモデルのラインアップも予想される。既に現行レガシィB4では最高出力300psのFA20型 4気筒2.0L水平対向直噴ターボエンジンを搭載する2.0GT DITがラインアップされている。次期レガシィではB4だけでなくアウトバックにもこの新世代ターボエンジンが搭載されることになるだろう。

このページの情報は古いです
レガシィアウトバックの最新ニュースはこちらです
 NEW  スバル新型レガシィ アウトバックがフルモデルチェンジ、日本仕様414.7万円~先行予約スタート
タイトルとURLをコピーしました