car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期フォレスターは1.6L水平対向ターボハイブリッド搭載

次期フォレスターはNA、ターボ、ターボハイブリッドの3タイプ

今年2012年は、フォレスターのフルモデルチェンジの年になる。
新型フォレスターのデビューは、2012年の夏頃になるのではとされていたが、予定はやや遅れ2012年11月の発売になりそうだ。
さらに、次期フォレスターは、ハイブリッドモデルも登場するという情報が入ってきた。

新型フォレスターは、3つのパワーユニットで展開

新型フォレスターのエンジンについて、現在のところ3種類の採用が考えられている。

まずベースモデルには、NA 2.0Lの水平対向4気筒エンジンを採用。
現行フォレスターや新型インプレッサ2.0iに搭載されているFB20型になるのか、あるいはBRZや86に搭載される直噴装置D-4Sを装備したFA20型のどちらになるのかについては、現在のところFB20型が濃厚か。

そして、上級グレードには、1.6L 水平対向4気筒+ターボという、新開発された低燃費エンジンが採用される。(写真)
ボクサー直噴ターボ1.6L
最近の燃費特性向上策として、排気量のダウンサイジング+ターボの組み合せがトレンドになりつつあるが、次期フォレスターにもこの技術が取り入れられる。

最後に考えられているのが、1.6L 水平対向4気筒+ターボ+電気モーターで構成されるハイブリッドエンジン。
新型フォレスターにもスバルが新開発したこのボクサーハイブリッドが搭載されるという。
ただし、フルモデルチェンジ時にはラインアップされず、約1年遅れでの投入になる見込み。
このハイブリッドエンジンは、まずはインプレッサのマイナーチェンジで採用される予定だ。

下の写真はボクサーディーゼル2.0L。現在のところ、次期フォレスターに搭載されるという話は聞いていないが、もし採用されたら、さらに話題性アップ。
ボクサーディーゼル2.0L

次期フォレスターも本格SUVサイズ

(写真は、現行フォレスター)
フォレスター S-Style
1997年に初代モデルが誕生したフォレスターは、これまでフルモデルチェンジを繰り返すごとに大型化してきた。
特に3代目となる現行モデルにおいて、従来のコンパクトSUVから本格的なSUVスタイルに変貌を遂げた。
4代目の次期フォレスターでもこの流れは変わらず、予想されているボディサイズは全長4600mm×全幅1780mm×全高1680mm。
現行フォレスターをわずかに上回るボディサイズになるとされている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント