レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

スバル
このページの情報は古いです
レヴォーグの最新ニュースはこちらです
 NEW  レヴォーグにFA24型エンジン搭載車のグレード追加、フルモデルチェンジ2年目の一部改良

レヴォーグ後期型は新開発アイサイト ツーリングアシストを標準装備

スバルのステーションワゴン、レヴォーグがマイナーモデルチェンジを受けて後期モデルに移行し2017年8月7日に発売される予定である。

(写真はレヴォーグ後期モデル)
レヴォーグ

北米向けに大型化してしまったレガシィの枠を引き継ぐステーションワゴンモデルとして、レヴォーグは2014年に新規発売された車種。以降、年次改良を受けながらA型からD型へ進化し、特に今回は大幅改良ということで後期モデルとなった。エクステリアではフロントグリル、フロントバンパー、LEDヘッドランプにおいて新デザインが採用されており、フェイスリフトが施されている。

レヴォーグ リアコンビネーションランプ レヴォーグ サイド

アイサイトツーリングアシストはレヴォーグの他、WRX S4にも採用

後期型レヴォーグの装備面で注目されているのが、スバルの新技術「アイサイト・ツーリングアシスト」である。アイサイトのステレオカメラによる前方認識とミリ波レーダーによる後方認識を元に、単一車線における自動操舵と車速コントロールが提供される。国内ブランドでは日産がプロパイロットとして同様の機能をセレナなどに採用済みであるが、スバルも自動運転化に向けて大きな一歩を踏み出したことになる。

アイサイト ツーリング アシスト

ツーリングアシストの完成度としては、日産のプロパイロット同様にまだ半自動運転といったところ。ハンドルを持たないと警告音が鳴り、手放し運転はできない。それでもロングドライブでのドライバーの負担は大きく低減されることになるだろう。

レヴォーグ D型 レヴォーグ インテリア

アイサイト ツーリングアシストはレヴォーグの他、同じく8月7日発売のWRX S4にも導入される予定となっている。

このページの情報は古いです
レヴォーグの最新ニュースはこちらです
 NEW  レヴォーグにFA24型エンジン搭載車のグレード追加、フルモデルチェンジ2年目の一部改良
タイトルとURLをコピーしました