car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レヴォーグSコンセプト、マニュアルトランスミッション搭載モデルの提案

レヴォーグSコンセプト、STIからコンプリートモデル発売を予告

レヴォーグSコンセプトが今月に幕張メッセで開催された東京オートサロン2015で公開された。

(写真はLEVORG S CONCEPT)
レヴォーグ S コンセプト

レヴォーグSコンセプトのバックドアにはSTIエンブレムが貼り付けられている。レヴォーグをベースとした何らかのカスタムコンプリートモデルがSTIから発売されることを予感させる。その発売時期としては、2015年秋頃が見込まれている。

レヴォーグ S コンセプト フロントグリル レヴォーグ S コンセプト リアコンビネーションランプ

レヴォーグSコンセプトをベースとして市販モデルは6MT搭載車となれるか

ただし、レヴォーグSコンセプトはあくまでショーモデルということで、このままでの市販化は難しいだろう。

レヴォーグSコンセプト 東京オートサロン

搭載されるエンジンは水平対向の2.0Lターボ(FA20型)がベースとなっているが、チューンアップ内容については不明。このエンジンは現行市販モデルの段階でも最高出力300ps、最大トルク40.8kgfmと、このクラスとしては十分なパフォーマンスであるからノーマルをそのまま使うということだろうか。

スバルSTIレヴォーグ S コンセプト

そして、6段のマニュアルトランスミッションを採用しているということが本モデル最大のポイントである。FA20型ターボエンジンについては、これまでスポーツリニアトロニックCVTを組み合わせたモデルのみが国内販売されてきた。せっかく市販化するのであれば6MTモデルでなければと感じるところだが、環境性能やアイサイトの制御を考慮すれば、これを実現するハードルは高そうだ。

(写真はマツダ・アテンザ)
新型アテンザ ワゴン

ちなみに同クラスステーションワゴン車では、マツダ・アテンザがディーゼルエンジン搭載モデルに限り6MTを設定している。ディーゼルであればスバルも欧州仕様レガシィにおいて6MTモデルがあるのだが。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント