car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

インプレッサ スポーツ ハイブリッドが7月10日発売、JC08モード燃費20.4km/L

スバルからインプレッサスポーツハイブリッドがデビュー、ハイブリッド第二弾

スバルからインプレッサ スポーツ ハイブリッドが2015年7月10日に発売されることが公式に発表された。

(写真はインプレッサSPORT HYBRID 2.0i-S EyeSight)
インプレッサ スポーツ ハイブリッド

スバルが販売するハイブリッド車は2013年に発売されたXVハイブリッドのみであった。これに続く第二弾としてインプレッサスポーツハイブリッドがラインアップに加わることになる。

インプレッサスポーツハイブリッド

インプレッサスポーツハイブリッドに搭載されるシステムは、2.0Lの水平対向エンジンをメインユニットとしたXVハイブリッドと同じタイプのもの。駆動方式はAWDのみの設定で、リニアトロニックCVTが組み合わさる。JC08モード燃費は20.4km/Lを達成し、これもXVハイブリッドと同値となった。

インプレッサSPORTハイブリッド インテリア

タイヤサイズは、ガソリン車205/50R17から、ハイブリッド車ではより大きくグリップ力のある215/50R17の採用となっており、燃費性能だけでなく走行性能も向上している。

インプレッサ ハイブリッド subaru

インプレッサハイブリッドは250万5600円から、アイサイト標準装備、専用デザイン採用

インプレッサスポーツハイブリッドは、2タイプがラインアップされる予定で、HYBRID 2.0i アイサイトとして250万5600円、HYBRID 2.0i-S アイサイトとして263万5200円が用意される。グレード名からもわかるようにアイサイトは標準装備となる。

また、エクステリアではフロント部分がハイブリッド専用デザインを採用することで、存在感が高められている。この他、サイドシルスポイラー、ルーフエンドスポイラー、リアコンビネーションランプ、インテリアにおいても専用デザインが取り入れられており、ガソリンエンジンモデルより上級に位置付けられる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント