新型【スバルXV】フルモデルチェンジ予想2023年、F型に一部改良2021年12月発売、次期型マイナーチェンジ情報

XV

スバルは「XV」を一部改良し、2021年12月16日に発表した。

XV Advance

XV Advance

現行XVは2017年にフルモデルチェンジされた3代目モデル。発売以降、毎年秋に改良モデルの導入されてきたが、本年2021年は少し遅れての実施となった。

XVが一部改良でE型からF型へ(2021年12月)

2021年12月の一部改良では、XVとして初めてファブリックシート×フロントシートヒーターの組み合わせを設定。2.0e-S EyeSightとAdvanceに標準装備となった。

XV Advance ローマウントタイプルーフレール

XV Advance

また、1.6Lモデルの外装色に、サファイアブルー・パールが新たに設定された。

XV Advance ルーフボックス

XV Advance

スバルXVの消費税込み車両価格は、220万~301.4万円に設定される。

XV誕生10周年、特別仕様車「Advance Style Edition」

さらに、SUBARU XV誕生10周年を記念した特別仕様車「Advance Style Edition」が発売される。

XV Advance Style Edition

XV Advance Style Edition

エクステリアはフロント、リヤ部分にグレーメタリック塗装の専用パーツを採用し、18インチアルミホイールは、ダークガンメタリック塗装でコーディネート。また、インテリアは光沢を抑えたブラックラスト加飾と鮮やかなイエローステッチのコントラストにより、引き締まったシックな印象の中にエネルギッシュさを感じさせる空間に仕上げられた。

特別仕様車「Advance Style Edition」の消費税込み車両価格は、291.5万円となる。

XVのフルモデルチェンジは2023年以降、CB15型搭載の可能性

さて、後期モデルが販売中のXVであるが、フルモデルチェンジは早くても2023年が予想される。

WRX S4 SUBARU

新型WRX S4

2022年にスバルから発売予定の車種を考えていくと、2021年に登場したWRX S4に続き「WRX STI」の発売があるはず。そしてBEVの「新型ソルテラ」も、電動化を進めるなかで発売を遅らせることができない車種だろう。

こういったスバルの2022年の新車投入スケジュールのなかで、さらに半導体不足の問題も続いたままだ。2022年は、XVのフルモデルチェンジを実施する環境が整うとは考えにくい。

SUBARU XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition ホイール

SUBARU XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition

また、現行販売されるXVは、2020年9月に大幅改良、つまりマイナーモデルチェンジを受けている。そこから3年程度の間は、この後期型XVの販売が継続されるはずだ。

フルモデルチェンジを受けた新型XVの登場は、2023年以降になることが予想される。

XV ワールドプレミア

SUBARU XV ワールドプレミア (ジュネーブ2017年)

次期XVには、CB15型ボクサーターボエンジン搭載が期待される

2023年のフルモデルチェンジ発売が予想される新型SUBARU XVの搭載エンジンは新開発型となるかもしれない。

スバル XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition

SUBARU XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition

スバルは2020年の新型レヴォーグから、完全新規開発のCB18型エンジンの採用をスタートさせた。CB18型は、リーンバーンターボであることやクランクシャフト周辺を大幅に小型化させたことなどを特徴としている。スバルの新世代ボクサーエンジンとして、現行の1.8Lバージョンに留まらず複数の排気量タイプにバリエーション展開される可能性が高い。6気筒バージョン、あるいはダウンサイズさせた1.5Lバージョンが実用化されるのではと噂されている。

CB18型 エンジン

CB18型 エンジン

なかでも後者の1.5Lバージョン、CB15型はXVおよびインプレッサにマッチした出力パフォーマンスになることが想定され、次期型への搭載が期待される。

新型XVはフルモデルチェンジで第2世代SGP採用

2023年以降が想定されるXVのフルモデルチェンジにあたっては、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)も2巡目、つまり第2世代に進化される見込み。

昨今のSUVブームに乗り遅れないためにも、場合によっては、ベースとなるインプレッサよりも、XVが先にフルモデルチェンジ発売されるというケースも考えられる。

SUBARU XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition メーターパネル

SUBARU XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition

SUBARU XV特別仕様車「2.0e-L EyeSight Smart Edition」2021年に発売

スバルは、SUBARU XV特別仕様車「2.0e-L EyeSight Smart Edition」を2021年6月に発表した。

SUBARU XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition ヘッドランプ

SUBARU XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition

この特別仕様車は、通常モデル「2.0e-L EyeSight」をベースに、LEDヘッドランプの標準化とダークグレーメタリック塗装を施した専用17インチアルミホイールが装備される。さらに、ボディカラーには「Advance」グレード専用であった「ラグーンブルー・パール」を設定。

SUBARU XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition インテリア

SUBARU XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition

内装ではシルバーステッチを用いたモノトーンのカラーコーディネートが採用される。

XV 特別仕様車 シート

SUBARU XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition

上級装備を含めながらも消費税込み車両価格は、270万6000円からとコストパフォーマンスの高さを感じさせるものとなった。

SUBARU XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition

SUBARU XV 2.0e-L EyeSight 特別仕様車 Smart Edition

タイトルとURLをコピーしました