car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

インプレッサスポーツ ハイブリッドが7月下旬に発売、2.0L ハイブリッド

スバル・インプレッサスポーツにハイブリッドモデルが追加される

インプレッサハイブリッドの発売が7月下旬になる見込みとなった。

(写真は現行インプレッサスポーツ)
インプレッサ スポーツ

インプレッサスポーツにハイブリッドモデルが追加されることは先月もレポートした通り。その発売日が2015年7月下旬に計画されている。

インプレッサ スポーツ インプレッサ スポーツ ワゴン

インプレッサスポーツに搭載されるハイブリッドシステムはFB20型+1モーター

(写真はスバルXVハイブリッド)
スバル XV 東京モーターショー XVハイブリッド NYモーターショー2013

インプレッサスポーツ ハイブリッドに搭載されるパワートレインは、インプレッサXVハイブリッドと共通となる見込み。メインユニットは2.0Lの水平対向エンジンであるFB20型で、そのスペックは最高出力150ps/6000rpm、最大トルク20.0kgm/4200rpm。そしてリニアトロニックCVTユニット内に収められるアシストモーターは最高出力13.6ps、最大トルク6.6kgmといった仕様となる。

スバルボクサーハイブリッド

トヨタやホンダの現行世代のハイブリッドシステムと比較すればアシストモーターの出力が小さいが、エンジンを切り離したEV走行もシステムに組み込まれており燃費性能を向上させている。

また、スバルのハイブリッドシステムは4WD駆動であることも特徴の一つとなっている。2.0Lクラスのハイブリッドシステムではトヨタは4WD化が進んでいない。ホンダは1.5LのスポーツハイブリッドiDCDに4WDの設定があり、ヴェゼルハイブリッドでXVハイブリッドと直接競合している状況だ。

XVハイブリッドにおけるJC08モード燃費は20.0km/Lであった。インプレッサスポーツはXVと比較して車体重量が30kgほど軽いから、これより良い燃費性能が期待できそうである。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント