car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型レヴォーグが東京モーターショーで公開、スバルのインプレッサ派生ワゴン

新型レヴォーグが東京モーターショー発表、インプレッサをベースに開発

スバルは2013年11月23日より一般公開される東京モーターショーにて、レヴォーグ(LEVORG)として新型の市販モデルを発表する計画である。新型レヴォーグはスバルアドバンスドツアラーコンセプトとして前回2011年の東京モーターショーで出展されたモデルの市販型となる。開発中のこのモデルについてインプレッサワゴンと呼ばれることもあったが、その正式車名としてレヴォーグが与えられた。

(写真はスバルアドバンスドツアラーコンセプト)
レヴォーグ スバルアドバンスドツアラーコンセプト

スバルアドバンスドツアラーコンセプト レヴォーグ

スバルアドバンスドツアラーコンセプト出展時のパワーユニットは1.6Lターボハイブリッドということであった。その後スバルXVハイブリッドが2.0L NA ハイブリッドの搭載で発売に至ったことから、これが新型レヴォーグにも採用されると予想する。スバルでは次期フォレスターへの搭載が想定される次世代ハイブリッドエンジンの開発をトヨタと共同で行われているが、これが完成するまでは、XVに搭載された2.0L NAのハイブリッドシステムがスバルの主力ハイブリッドユニットと考える。
また、これとは別にハイブリッドでない1.6Lターボが採用される可能性もあるだろう。

(写真は2.0L NA ボクサーハイブリッド)
スバルボクサーハイブリッド

レヴォーグの投入でレガシィツーリングワゴンのユーザー回帰を狙う

レヴォーグの車体のベースとなるのは現行インプレッサということで、ちょうど2009年まで販売されたBL,BP型レガシィツーリングワゴンに近いボディサイズが予想される。現行レガシィツーリングワゴンは大型化のため敬遠されがちでもあるわけだが、こういったユーザーの回帰も期待できる。インプレッサベースでありながら、「インプレッサ」の冠が付かないところも旧型レガシィユーザーを意識したものではなかろうか。

レヴォーグ 2011 スバルアドバンスドツアラーコンセプト

想定されるレヴォーグの発売時期は2013年の春ということで、残念ながら消費税増税前に購入するのは難しくなりそうだ。

#1 匿名さん2016/12/17(Sat)18:12:11
スバルレグォーグはあの後、STiスポーツが発売されたり欧州市場進出したりしてますます
絶好調ですよね。平成二十九年度初頭かと思われる大幅改良ではアイサイトがver.4になる事以外にレグォーグ初のtsが設定されますように···楽しみにしていまーす!

名前(任意)
コメント