car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レガシィ アウトバックのフルモデルチェンジ発表が今月ニューヨークで行われる予定

新型レガシィ アウトバックがワールドプレミア、NYモーターショー2014

スバルはアウトバックのフルモデルチェンジ発表を今月4月に米国で開催されるニューヨーク国際オートショーで行う見通しとなった。

(写真はスバルが公開したアウトバックのティザー画像)
新型レガシィ アウトバック

レガシィシリーズの派生クロスオーバーSUVとしてラインアップしてきたアウトバック、2009年発売の現行モデルは販売5年でフルモデルチェンジを受けることになる。

(写真は現行レガシィ アウトバック)
レガシィアウトバック欧州仕様

新世代レガシィは、B4とアウトバックの2タイプのみがラインアップされる

レガシィシリーズと言えば、これまでB4、ツーリングワゴン、そしてアウトバックの3タイプのボディがラインアップしてきた。新型レガシィシリーズでは、日本市場での人気が高かったツーリングワゴンは廃止され、昨年2013年発表の新車種 レヴォーグがその後を引き継ぐことになる。レガシィシリーズに残されたB4とアウトバックは北米市場の要求に応え、さらなる大型化を果たす。

(写真は新型レヴォーグ、東京モーターショー2013)
レヴォーグ 富士重工業 吉永社長 レヴォーグ 予約開始

既にセダンボディの新型レガシィ B4が2月に開催されたシカゴオートショー2014でワールドプレミアされており、残るアウトバックがニューヨークで発表される運びとなった。

(写真は新型レガシィ B4、シカゴオートショー2014)
レガシィ 6代目 レガシィ シカゴ

新型アウトバックの詳細については、4月17日に行われるスバルのプレスカンファレンスを待つことになる。

ちなみにシカゴ発表の新型レガシィ B4に搭載されたエンジンは、2.5Lの水平対向4気筒のFB25型と、3.6Lの水平対向6気筒のEZ型の2タイプが用意された。トランスミッションはリニアトロニックCVTが組み合わさる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント