car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT発表、プレスカンファレンス動画

スバルがヴィジヴ アドレナリン コンセプトを公開

スバルはジュネーブモーターショー2019のプレスカンファレンスでVIZIV ADRENALINE CONCEPT(ヴィジヴ アドレナリン コンセプト)を発表した。

アンベールは9分10秒あたりから。

(動画はスバル プレスカンファレンス、ジュネーブモーターショー2019)

スバルは新世代デザインとして、「BOLDER(大胆な)」をキーワードとしており、VIZIV ADRENALINE CONCEPTは、これを具象化したモデルとなる。SUVらしい大型の樹脂バンパーと、XVより高さのあるスタイリングが特徴となる。

コの字型をモチーフとしたヘッドランプ、リアコンビネーションランプのデザインは、大きく形を崩してきており、これも次世代デザイン要素の一つとなるだろう。

VIZIV ADRENALINE CONCEPTは欧州向け新型CセグメントSUVを想定か

VIZIV ADRENALINE CONCEPTのボディサイズは全長4490mm×全幅1900mm×全高1620mmとなる。現行ラインアップではXVとサイズ感が近くなるが、XVは2017年にフルモデルチェンジ発売されたばかり。次期型のデザインスタディモデルを出すには早すぎるタイミングである。

ヴィジヴ アドレナリン コンセプト

コンセプトカーと言っても様々な完成度のものがあるが、このVIZIV ADRENALINE CONCEPTには、まだドアノブが無い。スカイブルーのボディカラーもベタ塗りでクレイモデルを思わせるぐらいだ。仮に市販化に向けて準備が進められていても初期の段階で、具体的なことが言える状況ではないだろう。

それでも敢えて予想をするなら、欧州向けの新型CセグメントSUVを計画しているのではないか。XVは、独立車名が2012年から与えられているが、インプレッサベースであることをまだまだ感じさせる。こういったモデルではなく、専用設計の新型SUVとしての市販化を期待させる。

#1 匿名さん2019/03/12(Tue)06:27:25ID:Q0Yjc1MTzM
不正のアドレナリンは凄いのだが
#2 匿名さん2019/03/12(Tue)10:17:48ID:ZlOTAyMjTZ
モーターショー出展のコンセプトカーはカッコよくても
市販モデルになった途端にカッコ悪くなるのが最近のスバルの特徴
#3 匿名さん2019/03/12(Tue)11:19:31ID:Q1YjQwMzWZ
CGをそのまま具現化したようなチープさ。
最近の低レベルなデザインを見るに、デザイナー逃げ出した?
#4 匿名さん2019/03/12(Tue)17:05:23ID:IxYWI0NjmN
トヨタからC-HRをOEMしてもらってガワだけスバルがやりましたみたいに見える。
#5 匿名さん2019/03/13(Wed)00:02:09ID:M2MGY1ZDzZ
スバルのデザインは結局BPレガシィが頂点だった感が
登場時のキャッチコピーから気合が入ってたもんな
#6 匿名さん2019/03/13(Wed)00:24:29ID:gxN2ZkNTTN
アメリカで売れたら何でもええねん
#7 匿名さん2019/03/13(Wed)15:20:14ID:EwMTBmMj2Y
ここ最近のVIZIVは異素材のフェンダーが張り出してる、安易だけどこれが次世代デザイン「BOLDER」の特徴っぽい。どう実車に落とし込まれるか楽しみ
あとコの字はボクサーのイメージにも合ってたのにやめるのはもったいないな、他社と被ってるヘキサゴングリルこそやめるべきだと思う
#8 南 貴仁2019/03/13(Wed)15:53:02ID:liZGRkZDDY
スバルがフォレスターより小さいSUVを開発しているんだなんて予想しないよ

名前(任意)
コメント