car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スバル インプレッサ後期型へマイナーモデルチェンジ、標準装備アイサイトツーリングアシスト

新型インプレッサはフロントデザインの印象が変わる

現行5代目インプレッサは2016年10月にフルモデルチェンジ発売となったモデル。
販売期間として3年が経過する2019年秋にマイナーモデルチェンジが予定されており、既にスバルのサイトでも告知されている。
10月下旬に開幕する東京モーターショーでは、しっかりフェイスリフトを受けて新型インプレッサとして出品されることになる。

後期型に切り替わりエクステリアの雰囲気が大きく変わる。フロントのロアグリルが拡大され、左右のフォグランプ位置まで引き伸ばされた太い一文字の形状となる。
重心の低さがビジュアル的にも強調して表現され、スポーティな印象を強める。

装備面では、アイサイト・ツーリングアシストが後期型から全グレード標準装備となる。
全車速対応のクルーズコントロールとレーンキープ機能によって、高速道路走行時のドライバーの負担が軽減される。

インプレッサ

新型インプレッサ、マイナーモデルチェンジでパワートレイン部などは大きく変わらない

後期型インプレッサ、ボディタイプはセダンのG4とハッチバックのスポーツの2種類が引き続き用意される。

搭載エンジンも従来型と大きく変わらない。
1.6L水平対向エンジンは、最高出力115PS、最大トルク15.1kgfm。
2.0L直噴水平対向エンジンは、最高出力154PS、最大トルク20.0kgfm。
トランスミッションはいずれもリニアトロニックとなる。

これらのボディタイプ、エンジン別に、それぞれLとSのグレード構成。
基本装備のLグレードに対し、上級Sグレードでは、8WAYパワーシート、クリアビューパックなどが標準装備となる。

さて、同じCセグメントのライバルモデルを見ていくと、トヨタカローラがセダン、ワゴンともフルモデルチェンジ発売。
マツダ3は、導入が遅れていたSKYACTIV-X搭載モデルが2019年12月に追加発売される見込み。
国内ブランドCセグメント車種の競争が激しくなってきている。

#1 藤原2019/09/17(Tue)16:49:54ID:M5YmFhMjDO
動力性能はこのクラスでは非常に良く出来て居ます。ただ天井は雨が降るとトタン屋根見たい音がうるさいタイアのノーズもかなり気に成ります。もう少し音が何とかならないものかね!
#2 匿名さん2019/09/17(Tue)18:02:33ID:kxYTY1Zj2M
スバルはレヴォーグ用の1.6Lターボを頑なに他車種には横展開しないのね。不思議。
現行インプレッサは欧州車に対して、シャシー性能でほぼ互角、アンダーパワーなエンジンで水準以下、電動化においては10年遅れ、といったところ。
#3 匿名さん2019/09/18(Wed)12:23:42ID:E3MDM5YT2Y
スパイスの効いたパワーユニットがやはり欲しい。
#4 匿名さん2019/09/20(Fri)16:48:53ID:U2OTRiOTWN
トヨタ色が強くなってないか…
カローラのスポーツタイプだったかな。
エンジンは独自色を残していることが救いだな。
#5 匿名さん2019/09/20(Fri)16:51:42ID:hjMzQxMWDO
電動化が欧州車に比べて遅れてる。スバルだけではなく、日本車全体の課題。
#6 匿名さん2019/09/20(Fri)19:10:51ID:lmNTRjOWTZ
もう独自色を発揮する気概のなくなったスバルにはまったく魅力を感じない。とんがってた90年代後半が最盛期。自製サンバーは止めるし、レヴォーグのMTは頑なに出さないし、スバルを支え続けてきたファンの気持ちをまったく解っていない。このような会社はいずれは消滅するだろう。
#7 匿名さん2019/09/20(Fri)19:22:32ID:g5ZWZkOTzN
WRX STiが孤軍奮闘といったところか
#8 匿名さん2019/09/20(Fri)19:37:41ID:YxNTQ3YTWN
◆美点
・適度にダサく、しかし親しみを覚えるエクステリア。マツダのように美しくはないが、嫌われることは少ないと思われるデザインは良。
・ボクサーエンジンとシンメトリカルAWDの独自性
・独自の哲学に基づく視界の良さ(=ダサいデザインが生まれる元凶)
・高い安全性(世界的には普通だが、日本では上位の出来)

◆欠点
・心配になるくらいの北米市場偏重策。欧州はおろか、中国市場でもシェアは微々たるもの。北米市場が冷え込んだらどうするつもりなのか。
・世界でもマレな「CVTラブ💛」なラインアップ。
・スポーツモデルがどんどん減っていき、旧来のファンが離れていく。
#9 匿名さん2019/09/24(Tue)20:54:57ID:kyMWIzZmTO
どんどん没個性になる車
スバルという会社の魅力度も薄くなっていく
#10 匿名さん2019/09/30(Mon)22:25:14ID:A0ODUzZWzN
EJ20ファイナルエディションとまでは言わないが、せめて1.6T STiみたいなガツンと骨のあるモデルが欲しい。
#11 匿名さん2019/10/05(Sat)11:21:06ID:U5YjQ3NDDO
どうしてこうなった
コレジャナイ感ハンパネーデザイン
これぞスバルイムズ
#12 匿名さん2019/10/06(Sun)06:55:41ID:E2M2Y1M2jN
マイナーチェンジでちょいデザインを変えたい。でもこれしか浮かばなかったという感じだ。
#13 匿名さん2019/10/07(Mon)04:52:51ID:Q3OWE4M2GZ
HVとかいらないから
1.6L 2.0L のターボ仕様を出してほしい。
#14 匿名さん2019/10/07(Mon)07:48:54ID:UwODA3OTGN
> 電動化が欧州車に比べて遅れてる

って、まともに規制をクリアーするディーゼル車を造れなくて電動化を進めている欧州企業なんて日本車の足元にも及ばないだろ。
#15 匿名さん2019/10/07(Mon)11:50:48ID:ljMWQwZWGZ
まともなディーゼルエンジンを自前で開発できなかった日本車勢。彼らの欧州市場での勝ち目のない戦いの記録。
 ・トヨタは自前でのディーゼルエンジンをあきらめ、BMWから至高のディーゼルエンジンの供給を受けていた。(オーリス、ヴァーソ、アベンシスなど)
 ・日産は親会社のルノーやダイムラーから、これまた定評のあるディーゼルエンジンの供給を受けている。
 ・スズキはFCAからフィアット製のディーゼルの供給を受けている。
 ・ホンダ、スバルは無理して自前でディーゼルエンジンを開発したが、欧州で全く受けいれられず、次々と生産を終了した。
 ・マツダと三菱はその点、風をよく読んだ。ディーゼルエンジンが日本でも大ヒットとなった。

ディーゼルエンジンひとつをとっても、欧州勢と日本車勢の力の差をまざまざと見せつけられる結果となった。

そして、今、日本の輸入車市場はディーゼルエンジン花盛り。ディーゼルしか設定のない車種が大幅に増加し「輸入車=ディーゼル=プレミアム」という新たなトレンドが生まれている。
ワンサイドゲームもここまでくると、つまらなくなってくる。日本車勢よ。悔しくないのか!!
#16 匿名さん2019/10/07(Mon)19:49:19ID:FjODJhMGWY
上にレヴォーグやWRXがあるから、ターボ載せられないと考えているのか?
そんな事は、全くないのだが。
#17 匿名さん2019/10/10(Thu)19:25:43ID:A2Mjc2MjjN
改良でフォルクスワーゲン顔に変更!先達に少しでも追いつきたい!との気持ちの表れか。
Cセグメントのベンチマーク、ゴルフと比較すると、魅力のないパワートレーンがテコ入れされなかったのが残念!
#18 南 祐斗2019/10/21(Mon)20:30:56ID:dmNTk2MTjO
TVCMSONGはクイーン
#19 南 祐斗2019/10/21(Mon)20:35:02ID:dmNTk2MTjO
queen i was borm to love you
tv cm song by subaru imprezza
#20 南 祐斗2019/10/21(Mon)20:38:12ID:dmNTk2MTjO
皆様へクイーンですよ
#21 匿名さん2019/10/21(Mon)23:57:18ID:RiZDc0ZWjM
クイーンのイメージに残念ながらクルマがまったく不釣り合い。
この曲を使った素晴らしいCFは既に過去にある。
クイーン使っとけばいい、という安直な考えが見え見え。ドリカムはもういいのか。

名前(任意)
コメント