car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

投稿日:2012/02/02 更新日:

スバルが軽自動車生産から完全撤退

スバルのサンバーが2012年2月末で生産終了となる。
サンバーは1961年に初代モデルがデビューし、その後、51年間にわたりシリーズを続けてきた。
最新の現行モデルは1990年の軽規格改訂時にモデルチェンジしたもので、軽自動車では数少ない4気筒エンジンが採用されている。
耐久性にも定評があり、商用車として人気が高かった。

生産終了の理由は、親会社トヨタによる車種整理によるもの。
トヨタ傘下各社では、軽自動車の生産はすべてダイハツに統合され、スバルとトヨタはそのOEM車を販売することになる。
スバルはこれまで、プレオ、ルクラ、ステラなどの軽自動車ラインアップを自社生産からダイハツOEM車への切り替えを進めてきた。
今回のサンバーを最後に、スバルは軽自動車の生産を完全に終了することになる。

(写真は、2011年に発売されたサンバー発売50周年記念特別仕様車)
サンバー

サンバー後継はハイゼット

サンバーの最終予約受付は既に終了している。
生産終了の情報が広まるにつれて注文が殺到し、現在も数千台のバックオーダーが残っているという。
これらも2月末までに生産を完了させる計画だ。

根強い人気のあるサンバー、生産延長を望む声もあるのだが、その可能性はまずない。
このサンバーを生産する富士重工業の群馬製作所矢島工場は、3月からトヨタとスバルが共同開発した新型の水平対向スポーツカー、86とBRZの生産ラインに切り替わることが決まっているのだ。
86とBRZは既に予約受付が開始されており、4月の発売日も決まっているため、これを遅らせるわけにもいかない。

スバルでは、後継車種として、ダイハツからハイゼットカーゴとハイゼットトラックのOEM供給を受けて、新型サンバーとして発売する予定だ。

#1 しんご2017/09/12(Tue)09:42:31
ツイッターを見たらダイハツハイゼットシリーズのOEM車が在庫販売限りで販売終了を知りました。2012年に自社生産を終了してからダイハツハイゼットシリーズのOEM車になりました。バンはMT車(手動変速機)を設定して近年は背高乗用車のMT車(手動変速機)車が減少しています。そのため箱バンをMT車に乗りたいために買う人が多いです。箱バンは自動変速機(AT車)が多いです。軽トラックは2人しか乗れず室内は狭いです。荷物は軽トラック用のシートか軽トラックに乗るボックスがなかったら荷物が飛んでしまいます。

名前(任意)
コメント