car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スバル BRZはスポーティー、トヨタ FT-86はコンフォート仕様に

スバルBRZとトヨタFT-86の最も大きな違い

スバルのBRZはトヨタFT-86と共通車体となる水平対向エンジン搭載のFRスポーツカーだが、これらの開発が最終段階に入っている。
初期モデルの両者の違いは、フロントグリルやコンビネーションランプといったデザインの一部のみに限定されると考えられていたが、足回りのセッティングも大きく異なるという話になってきた。
トヨタ版FT-86のサスペンションは、街乗りやクルージング重視。
柔らかくコンフォートなセッティングがされ、スペシャリティカーとしての雰囲気がより強調されるものになる。
これに対するスバルBRZは、ハンドリング重視で硬めのセッティングがされる。
スポーツカーであることをより主張する仕上がりになるという。

販売台数的な視点では、やはりトヨタが一番美味しいところを持っていった感じがするが、ユーザー個人レベルでは、スバルBRZ派、トヨタFT-86派に分かれそうだ。
特に、コアなファンならスバルBRZを選びたくなるはず。
トヨタ版FT-86は、一般的なユーザーでもスポーツカーを選びやすい仕様と言えるだろう。
(フランクフルトモーターショーに出展されたBRZ)
BRZ

エンジンやミッション周りは共通仕様

スバルBRZとトヨタFT-86の違いが段々と明らになる中、やはり水平対向エンジンおよびミッション周りの仕様、出力スペック等は共通となるようだ。
ただしこれは初期段階に発売されるモデルに限ったことで、トヨタがG’s、スバルがSTIとしてカスタムバージョンを後追いで発売する予定。
また、トヨタは199万円という廉価版のレース向けベース車の発売も予告している。
この199万円のFT-86の装備は、エアコンレス、遮音材なし、廉価シート、廉価タイヤ+鉄チンホイールとなり、レース仕様に改造するにあたって不要であったり交換されそうなパーツを省略および簡略化させたもの。
スバルのBRZについては、まだエアコンレス車の話が無いが、むしろBRZこそレース向けのベース車として需要があるのではないか。

スバルBRZとトヨタFT-86、現在のところ開発は順調で、来年2012年の4月という発売予定に変更は無し。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先