【新着】シエンタのフルモデルチェンジは2022年予測、TNGA&ダイナミックフォース採用

シエンタ

販売期間6年となる現行型シエンタは、2021年6月頃に一部改良が予定されている。これにより現行型の販売は、まだしばらくは続くことになる。ただし、TNGA技術を導入した次期型が後に控えている。

シエンタのフルモデルチェンジは2022年にも実施される見込みである。

シエンタ

現行型シエンタ

シエンタはフルモデルチェンジでTNGA(GA-B)を採用

数あるTNGAプラットフォームのなかでも、シエンタに導入されるのはGA-Bで、プリウスやレクサスUXなどのGA-Cよりも一回り小さいサイズとなる。GA-Bは既にヤリス、ヤリスクロスで採用実績があり、さらに2021年夏にフルモデルチェンジ発売される予定のアクアもこれをベースに開発されている。トヨタの車種は着々とTNGA世代のプラットフォームに切り替わっていき、順番的に次にTNGA化されるのが、このコンパクトミニバンのシエンタとなる。

プラットフォーム

TNGA(GA-B)プラットフォーム

ヤリスは2020年度、販売台数ナンバーワン
ヤリスとヤリスクロスの違い、トヨタの新世代小型SUV

シエンタの直4エンジンはフルモデルチェンジで直3のダイナミックフォースエンジンに刷新

既にGA-Bプラットフォーム車種で実績のあるダイナミックフォースエンジンが次期シエンタでも搭載される。コンベンショナルのM15A-FKS型と、ハイブリッドのM15A-FXE型が用意されており、特に後者は世界最高水準の熱効率41%を達成している。いずれもメインユニットに1.5Lの直列3気筒ガソリンエンジンを採用しており、現行型シエンタの4気筒エンジンから大きく刷新される。

M15A-FXE ハイブリッド

M15A-FXE

これまでのヤリスなどでは燃費を重視したセッティングが行われてきたわけだが、ミニバン車種のシエンタではボディサイズも大きく乗車人数も増える。こういったことから、ある程度はパフォーマンス重視にセッティングされる可能性がある。

M15A-FKS

M15A-FKS + Direct Shift CVT

ハイブリッド仕様に電気式4WDのE-Fourが用意されているのもダイナミックフォースエンジンの特徴の一つである。現行型シエンタでは、4WDを求めるユーザーはコンベンショナルエンジンしか選択肢が用意されていない。次期型ではハイブリッドにE-Fourが用意され、これはトヨタブランド全体としての電動化率を向上させることにもなる。

次期シエンタはシエンタクロスも計画中

さらに、SUV志向のシエンタクロスも計画されている。

実は現行型も2020年12月にシエンタクロスオーバーとしてSUVグレードが台湾向けに発売されていたが、これについては日本導入の話がない。恐らく、フルモデルチェンジが迫っているためであろうか。

台湾シエンタ クロスオーバー

台湾シエンタ クロスオーバー

しかし、台湾シエンタクロスオーバーは専用サスペンションで最低地上高を上げ、SUV風のバンパーアクセサリーとルーフレールを取り付けた程度のものである。

シエンタクロスコンセプト

2015年シエンタ クロス コンセプト

一方でヤリスシリーズには、専用エクステリアまで与えられたヤリスクロスがあり、販売も好調である。新型シエンタクロスについても専用エクステリアの本格的な仕様になることが期待される。

ヤリスクロス

ヤリスクロス

シエンタのライバル、フリードも新型を計画
フリードのフルモデルチェンジ発売日 2022年予測、e:HEV搭載

フルモデルチェンジでもシエンタのボディサイズはコンパクト、低重心化

GA-Bの採用となる次期シエンタであるが、ホイールベースはヤリスの2550mm、ヤリスクロスの2560mmから当然延長されることになる。

現行シエンタの2750mmとの比較でも20mmの延長が見込まれており、新型シエンタのホイールベースは2770mmとなる見込み。

これに伴い、全長も伸ばされることになるが、それでも4.3m未満の水準に留まるだろう。

シエンタ

シエンタ初代モデル後期型 DICE

ユーザーが求めるコンパクトなサイズ感は維持される。次期シエンタもホンダ・フリードとライバルであり続け、ワンサイズ上のミニバンであるノアとの差別化もしっかりと継続される。

全高方向については、低重心化と近年のデザイントレンドに合わせて、やや縮小されることが予想される。ボディスタイルは現行型の曲線的から直線的なイメージとなり、これも昨今の流行に合わせたものになるだろう。

シエンタ リアコンビネーションランプ

現行型シエンタ

全幅は1695mmで5ナンバーサイズが維持される。

ノアはフルモデルチェンジで3ナンバーサイズとなる可能性が高い。詳しくは、
フルモデルチェンジでノアに統合、TNGA-Cで開発中

次期シエンタには全車速対応ACC、電動パーキングブレーキの装備を期待する

GA-Bが先行導入されるヤリスでは、一部グレードを除き手動のサイドブレーキが採用され、オートクルーズコントロール(ACC)についても速度30km/h未満では非対応という状況であった。

GR ヤリス

一方でヤリスクロスでは、電動パーキングブレーキが採用され、ACCは全車速対応に進化した。

ヤリスクロス インテリア

ヤリスクロス

次期シエンタは、後者のヤリスクロスと同様の仕様になることが予想され、高速道路渋滞時におけるドライバーの負担軽減が期待される。

スライドドア装備のワゴン車としては、ルーミーの販売が好調
トヨタ・ルーミーがフルモデルチェンジせず販売ランク上位の理由

シエンタのフルモデルチェンジの時期、発売日はいつ頃か

現行型シエンタは2015年の発売であった。

2021年にはフルモデルチェンジされるのではという予測もあったが、最初に述べた通り、一部改良が予定されている状況では、2022年以降と考える方が現実的である。さらに、昨今の自動車向け半導体の世界的供給不足により、自動車メーカー各社は新型車導入スケジュールを遅らせる動きすらある。

シエンタ

現行型シエンタ

また、昨年2020年に発売されたヤリス、ヤリスクロスの販売が非常に好調であることもシエンタのフルモデルチェンジを急がない理由の一つとなりそうである。ヤリスシリーズと新型シエンタはパワートレイン部をはじめ多くのパーツが共用されることになる。しばらくはヤリスとヤリスクロスの生産能力を落としたくはないだろう。

ヤリス

ヤリス

タイトルとURLをコピーしました