次期レヴォーグ2019年秋フルモデルチェンジ予測、新開発1.8L DIT搭載

スバル
このページの情報は古いです
レヴォーグの最新ニュースはこちらです
 NEW  レヴォーグにFA24型エンジン搭載車のグレード追加、フルモデルチェンジ2年目の一部改良

二代目レヴォーグがSGP採用、新開発DITエンジンで開発中

スバルでは次期レヴォーグの開発が進められている。発表は2019年秋頃が予想され、同時期に開催される東京モーターショーでのワールドプレミアが期待される。

(写真はヴィジヴ ツアラーコンセプト)
次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT 2018

次期レヴォーグはスバルグローバルプラットフォーム(SGP)採用で基本性能を大幅に向上させる。

次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT

次期レヴォーグのデザインスタディ、ヴィジヴ ツアラーコンセプト

ジュネーブモーターショー2018で発表されたヴィジヴ ツアラーコンセプトが次期レヴォーグのデザインコンセプトと考えられる。昨今のトレンドに合わせてだろうか、古典的なステーションワゴンではなく、ブラックフェンダーなどを用いたSUVテイストに仕上げてある。

次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT リアコンビネーションランプ

リアの豊かなヒップラインもヴィジヴ ツアラーコンセプトの特徴である。高い後席居住性とラゲッジの積載能力を予感させるもので、ツアラーとしての基本性能が強調される。

次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT フロントグリル

コの字型ヘッドランプユニットなどは直線的となり、締まりある表情となった。ボディ容積の絶対量のわりには、肥大感を抑えたスポーティなエクステリアに仕上げられている。

次期レヴォーグ SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT ジュネーブ

次期レヴォーグは、新開発のダウンサイジングターボエンジンが搭載される。現行レヴォーグの1.6L DIT、2.0L DITといった2種類の直噴ターボエンジンはいずれも1.5L DIT、1.8L DITへと排気量が落とされ、燃費性能の向上が図られる。なかでも1.8L DITの開発が先行しており、次期レヴォーグ初期モデルに投入される見込み。遅れて1.5L DIT搭載レヴォーグも追加発売されると予想される。

このページの情報は古いです
レヴォーグの最新ニュースはこちらです
 NEW  レヴォーグにFA24型エンジン搭載車のグレード追加、フルモデルチェンジ2年目の一部改良
タイトルとURLをコピーしました