car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

これが次期レガシィ・ハイブリッド、東京モーターショーに出展(画像)

次期レガシィハイブリッドになるスバル アドバンスト ツアラー コンセプト

スバルは2011年11月30日より開催される東京モーターショーにて、新型Cセグメントワゴンのコンセプトモデルを出展すると発表した。
このコンセプトモデルはCセグメントということだが、実際には全長4,580×全幅1,840×全高1,430のいわゆるDセグメントサイズで、レガシィと同クラスのボディサイズであることがわかる。
実質的には、レガシィハイブリッドの出展となる。
注目されているのは、搭載されるハイブリッドシステムが提携関係にあるトヨタのTHS系システムではなく、スバルが独自開発したハイブリッドシステムになるということ。
1.6L水平対向+ターボチャージャー+電気モーターによって構成されるハイブリッドシステムになるという。
また、ガソリンエンジン部分は直噴化もされる。
出展されるコンセプトモデルでは、ガラスルーフが装備され、これは市販化段階でもオプション装備できる可能性もあるだろう。
既に多くのレガシィオーナーから支持されているアイサイトについても、更に進化して装備される。
レガシィハイブリッド

レガシィもダウンサイジング+直噴ターボエンジン

小排気量エンジン+ターボの組み合わせによる燃費向上策は、フォルクスワーゲンのTSIエンジンの成功により、自動車メーカー各社が新しく取り入れたい次世代エンジン技術になっている。
スバルも例外ではなく、エンジン排気量のダウンサイジング化を進めていく方針。
これまでの2.5L、2.0Lクラスの水平対向エンジンを1.6Lにダウンサイジングさせ、ターボで不足する出力を補う。
レガシィハイブリッドでは、この高トルクのターボエンジンに対応した、リアトロニックCVTも新開発されるということだ。
この1.6L水平対向エンジン、まずはNAタイプが新型インプレッサや新型スポーツ車のBRZに採用され、これからのスバル車の中核となるエンジンになる。
レガシィハイブリッド コンセプト

レガシィハイブリッドは、スバル独自のハイブリッドシステム

次期レガシィハイブリッドに採用されるシステムは、構成がシンプルで軽量になるシングルモーターシステムが採用される。
これは、AWDが前提で作られているスバルのパワーユニットならではの特性が、活かされたと言えるだろう。
(トヨタ方式のTHSⅡでは、AWD車は前輪、後輪が別々の2モーター方式によるものであった。)
駆動用蓄電池には、小型で高性能なリチウムイオンバッテリーが採用される。
リチウムイオン電池採用によるコストアップが、どの程度に収まるのかも重要なポイントになる。
また、発進時や低速巡航時では、電気モーターのみでの走行が可能なEVモードも備えるということだ。
つまりレガシィハイブリッドは、ホンダのIMAのような低出力モーターのハイブリッドシステムではなく、燃費向上効果の大きい高出力モーターが使われることになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント