car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レヴォーグSTIスポーツ車両価格323万円からで予約受付中、正式発売は7月21日

スバル・レヴォーグSTIコンセプトの市販型、予約受付が始まっている

スバルのレヴォーグに新グレードのSTIスポーツが加わる。7月1日発表、7月21日発売のスケジュールで進められており、既に実質的な予約受注が始まっている。より詳細な情報が判明してきた。

(写真はレヴォーグ STIコンセプト)
レヴォーグSTIコンセプト

レヴォーグSTIスポーツは今から約半年前に遡る東京オートサロン2016で出展されたレヴォーグSTIコンセプトを原点とする市販型である。

レヴォーグ STI フロントグリル レヴォーグ STI コンセプト リアエンブレム

レヴォーグSTIスポーツはコンフォートセッティング、MT車は設定されず

レヴォーグSTIスポーツのグレード名の通り、これまで多くのスポーツカスタマイズカーを出してきたSTIが手掛けるモデルであるが、パワートレインは通常モデルと変りなく、エンジンのパフォーマンスアップは無し。そしてトランスミッションもリニアトロニックCVTのみでマニュアル車は設けられない。

レヴォーグ STI コンセプト リアコンビネーションランプ

STIが手を加えたのは、サスペンションということになり、ビルシュタインのDamp Matic Ⅱが採用される。しかも、その設定は通常モデルよりも柔らか目にセッティングされるという。スポーツイメージの強いSTIを名乗ってはいるが、あくまでコンフォート寄りのモデルに仕上げられることになる。このほか、ステアリングギアボックス周辺の剛性アップが盛り込まれ、ステアフィールが向上する。

レヴォーグ STI コンセプト アルミホイール

車両価格は消費税抜きで2.0 STI スポーツ アイサイトが365万円、1.6 STI スポーツ アイサイトが323万円に設定され、これらは前回報告から変更なし。

大人の走りを目指したこのフラグシップグレードの導入により、従来のレガシィの客層をさらに囲い込むことになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント