car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

インプレッサのフルモデルチェンジ2016年秋のLAショー発表か、1.6L DIT搭載

次期インプレッサ2016年秋に登場か、エクステリアはキープコンセプト

現行インプレッサは2011年デビューの4代目モデル。2016年は販売5年を迎えるタイミングとなっており、フルモデルチェンジが2016年内にも実施される見込みとなった。

(写真はインプレッサ 5ドア コンセプト、東京モーターショー2015)
インプレッサ5ドアコンセプト

次期インプレッサのコンセプトモデルについては、ハッチバックが東京モーターショー2015で、セダンがロサンゼルスオートショー2015で既に公開されており、次は市販モデルの発表が待たれる段階にある。

(写真はインプレッサ セダン コンセプト、LAオートショー2015)
インプレッサ セダン コンセプト

これらコンセプトモデルからは、スバルの顔として確立されたフロントのヘキサゴングリルが次期インプレッサでも踏襲されることがわかる。そして、ヘッドライトはコの字タイプが採用され、WRXのデザインが取り入れられることになる。

次期インプレッサ インプレッサ 5ドア コンセプト

次期インプレッサは直噴化と1.6L DIT導入が予想される、秋のLAショーで発表か

次期インプレッサに採用されるエンジンとしては、まずは水平対向4気筒 1.6LのNAは直噴化によるパフォーマンスアップが予想される。また上級エンジンとして設定されてきたFB20型の2.0Lは、1.6L直噴ターボのDITエンジンに置き換えられることが予想される。

インプレッサG4 次期インプレッサG4

コンセプトモデルを見る限り、エクステリアは洗練されてはいるものの新たな意匠の採用は控えめであった。その分、パワートレインあるいは安全運転支援システムのアイサイトでの正常進化が問われることになるだろう。

スバル インプレッサ 5ドア コンセプト リアコンビネーションランプ

次期インプレッサ市販型は2016年11月に開催予定のロサンゼルスオートショー2016でのワールドプレミアが予想される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント