car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スバル新型レヴォーグは6/20発売、1.6 DITの受注が好調、アイサイトは9割

新型レヴォーグの予約受注は2万台、6月20日の発売日から納車スタート

スバルの新型レヴォーグの発売日が2014年6月20日と迫った。

(写真は新型レヴォーグ)
レヴォーグ 予約開始

新型レヴォーグは、5代目レガシィツーリングワゴンの後継モデルとして、昨年の東京モーターショー2013でワールドプレミアを迎えていた。2014年4月には正式発表されており、発売前予約は2万台を達成している。既に月販目標3200台に対して6倍超の受注を獲得しており、人気車種となることは確実だ。6月20日の発売日からデリバリーが開始される予定となっており、今からの予約では納車まで3ヶ月待ちとされている。

レヴォーグ 発売 スバル新型レヴォーグ

レヴォーグには水平対向ターボエンジン搭載、排気量は1.6Lと2.0Lの2タイプ

新型レヴォーグに搭載されるエンジンは1.6L DITと2.0L DITの2タイプ。いずれも直噴ターボの4気筒水平対向エンジンとなる。

1.6L DIT 直噴ターボ ボクサーエンジン

特に売れ筋となっているのが1.6L DITの方で、この新型レヴォーグから搭載がスタートされる新開発エンジンである。最高出力は170psと十二分なパフォーマンスを発揮しながらもJC08モード燃費は17.4km/Lと優れる。さらにレギュラーガソリン仕様で経済的でもある。

レヴォーグ 2.0 DIT

一方で2.0L DITの方は最高出力300psを誇る、ハイパフォーマンスエンジンでJC08モード燃費は13.2km/Lとなる。2.0L DITは5代目レガシィのDITグレードでも搭載実績があるほか、レヴォーグセダンとも称され2014年夏の発売が予定されている新型WRX S4にも採用される予定だ。

また、アイサイト搭載グレードも人気となっており、全予約数の9割を占めている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント