car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フォレスターtSが発売、STIからのコンプリートモデルは435万円から

フォレスターtS、直噴ターボのDIT 2.0エンジンも専用チューニングされる

スバルの現行型フォレスターは2012年11月に発売されたSJ型。販売から2年が経過する時期に来ている。そのコンプリートモデルであるフォレスターtSがテクニカインターナショナル(STI)より発売された。

フォレスターtS

STIによるtSモデルの設定は、主に足回りとボディ補強を中心とした専用パーツが与えられることが多いが、今回のフォレスターtSも同様のカスタマイズが施される。

STIフォレスターtS STI フォレスターtS スバル

フロント倒立式ストラット&コイルスプリング、リアダンパー&コイルスプリングは専用パーツが与えられ、BBS19インチアルミを装備。タイヤはトランザER33が履かされる。

フレキシブルタワーバー STI STI フォレスターtS インテリア

フレキシブルタワーバー、フレキシブルロースティフナー、フレキシブルサポートリアが装備されることで、ボディは単なる剛性強化ではなく、適度ないなしが与えられる。

搭載される2.0L DITエンジンのスペックは、最高出力280ps、最大トルク35.7kgfmでノーマルと変わりがない。ただし専用チューニングが施されており、過給圧はブーストされている。

(CVTオイルクーラー、専用TCU)
フォレスターtS CVTクーラー フォレスターtS専用トランスミッションコントロールユニット

この他エクステリア、インテリアは専用パーツによって装飾される。

STI フォレスターtSは4月5日まで受注受付、限定300台を予定

フォレスターtSは限定300台の発売で、オーダー受付は2015年4月5日までとしている。中でも人気色となりそうなのがSTIのイメージカラーでもあるWRブルーマイカで、2月8日までと早めにオーダーを打ち切る予定となっている。

フォレスターtSの車両価格は消費税込435万円からに設定された。ベースモデルの2.0XTアイサイトから130万円以上の差額となるが、プライスに見合った専用装備が与えられる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント