ホンダ【家系フィット】特別仕様車2021「カーサ」「メゾン」、モデューロXが発売、フルモデルチェンジから1年

フィット

フィット20周年の特別仕様車とModulo Xが発売、フルモデルチェンジ後の初改良

フィットの4代目モデルの登場から1年半が過ぎようとしている。

今回、フィット4としては初の改良が施され、2021年6月4日に発売される。
さらに、20周年特別仕様車「CASA(カーサ)」と「MAISON(メゾン)」、そして「FIT e:HEV Modulo X」も同日に発売となる。

一部改良は、ホンダコネクトの改良にとどまる

一部改良については、車載通信モジュールのホンダコネクトの機能追加に留められた。月額基本パック550円からのサブスクリプションサービス、ホンダ トータルケア プレミアムで、ナビゲーションシステムの自動地図更新サービスが加わる。

家系フィット、「カーサ」「メゾン」は通常「HOME」がベース

そして、フィットの販売20周年を記念する特別仕様車として、カーサとメゾンの2モデルが発売される。

ホンダ フィット

これらは通常モデルのHOMEをベースに、専用デザインされたインテリアが特徴となる。つまり、英語のHOME(家)に対する、スペイン語のCASA、フランス語のMAISONということである。カーサはレッドステッチをアクセントとした専用シート、そしてメゾンには上品さとしなやかさを感じさせるグレー×ベージュの専用シートが与えられる。

フィット

他の装備では、いずれのモデルも運転席&助手席シートヒーター、アームレスト付きセンターコンソールボックス、ブラック塗装の電動格納式リモコンドアミラー、ブラッククリア塗装16インチアルミホイールなどが標準化される。

ガソリン車は191万7300円から、ハイブリッド車のe:HEVは226万7100円から用意される。

フィット HOME

フィット HOME

FIT Modulo X、ようやく発売へ

「FIT e:HEV Modulo X」は、東京オートサロン2020でコンセプトカーが公開されていたモデルである。フィット4のフルモデルチェンジ発売当初から話題にはなっていたものの、市販化が遅くなった。

フィット Modulo-X ルーフ

フィット Modulo X リアコンビネーションランプ

FIT Modulo Xは「実効空力」デバイスとして専用バンパーと専用エアロパーツが装備される。「実効」というだけあって、ドライバーが体感できる程度にまでダウンフォースが効き、ステアリング操作や直進安定性が改善される。

フィット Modulo X インテリア

フィット Modulo-X

またフロントグリルに専用デザインを採用するのも特徴である。標準フィットのフロントマスクが気に入らないというユーザーの選択肢にもなりうるだろう。

ホンダ フィット Modulo-X

パワートレインはe:HEVのFFのみの設定で、車両価格286万6600円となる。

フィット モデューロX

FIT Modulo X Concept

フィット モデューロX フロントグリル

FIT Modulo X Concept

フィット4が不振、2021年は特別仕様車投入で復活期待、2020年モデルチェンジは失敗?

2001年に登場した初代フィットは、センタータンクレイアウトによる広い室内空間と、多彩なシートアレンジを実現したことで、大ヒットとなった。

フィット ワールドプレミア

現行型フィット

以降、3回のフルモデルチェンジを経て、昨年2020年2月に登場したのが4代目フィットである。

フィット フロントグリル

現行型フィット

この現行型モデルの販売状況が良くない。

フィット4、フルモデルチェンジ序盤は好調だったが結果はヤリスに大敗

現行型フィット発売当初は、好調な受注を得ていた。同時期に発売されたライバル、トヨタ・ヤリスとの販売競争が取り沙汰されるなか、2020年上半期の販売台数は、ヤリスの48,129台に対し、フィットは50,029台。僅差ながらもフィットの販売が優勢であった。

フィット ホンダ

現行型フィット

しかしその後、フィットの勢いは早々に失速した。逆にヤリスは、シリーズにヤリスクロスを追加するなどで、販売台数を伸ばしてきた。

フィット リアコンビネーションランプ

現行型フィット

直近の2020年度の年間販売台数によれば、ヤリスが乗用車トップの202,652台、フィットが94,311台という結果となり、フィットは大敗を喫した。

フィットのライバルであるヤリスは、ヤリスクロスを追加している。
ヤリスとヤリスクロスの違い、トヨタの新世代小型SUV
...
フィット シート

現行型フィット

フィット インテリア

現行型フィット

フルモデルチェンジ後のフィット4の販売不振はN-BOXの好調が原因か、特別仕様車で挽回できるか

実は、このBセグメントハッチバックというセグメントは、この20年の間に日本では売りづらいカテゴリに変わってきた。すぐ下の軽自動車セグメントで、商品力の高いスーパートールワゴン車種が増え、多くの国内ユーザーが軽自動車にシフトしてしまったのである。

フィット リアシート

現行型フィット

フィット ラゲッジスペース

現行型フィット

ホンダもこのトレンドに乗り、N-BOXを大ヒットさせたわけだが、これはフィットのユーザーを減らすことにもなった。フルモデルチェンジでパッケージングを効率化させたり、利便性を追求しただけでは、Bセグメントカーは軽自動車に勝てない時代となっている。

N-BOX

ホンダ N-BOX

一方でヤリスは、スポーツ志向の強いモデル、あるいは専用設計のSUVといった個性的なモデルをラインアップすることで、普通車クラスならではの価値を提供し、販売実績に結びつけることに成功した。

ヤリス フロントグリル

トヨタ・ヤリス

自動車リサーチ 記事リスト
タイトルとURLをコピーしました