car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フォレスター

フォレスターは2017年秋 東京モーターショーでのフルモデルチェンジ予想

投稿日:

次期フォレスターは来年2017年デビュー、インプレッサに続きSGP採用

スバルは次期フォレスターを意図するデザインスタディモデルとしてVIZIV FUTURE CONCEPTを2015年の東京モーターショーで公開していた。コンセプト発表からちょうど2年後のタイミングで開催される東京モーターショーでは市販モデルの公開が予想される。

(写真はVIZIV FUTURE CONCEPT、東京モーターショー2015)
次期フォレスター VIZIV FUTURE CONCEPT

最近のスバルでは、インプレッサ北米仕様のフルモデルチェンジが発表され、発売が待たれる段階にある。この新型インプレッサから導入がスタートされるのが、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)と呼ばれる新世代プラットフォームである。これはインプレッサだけでなくフォレスター、レガシィを含めたスバルの全主力モデルにも採用され、主要パーツの共通化により開発の効率化が進められる。

VIZIV FUTURE CONCEPT VIZIV FUTURE CONCEPT 東京モーターショー2015

次期フォレスターは新開発1.6 DIT AWDハイブリッドを搭載

そしてパワートレインの方はというと、現行の直噴ターボエンジン 1.6L DITをベースにした次世代ハイブリッドが開発中である。モーター配置はフロントが1基、リアが左右独立制御の2モーターとなる。

VIZIV FUTURE CONCEPT スバル VIZIV FUTURE CONCEPT 東京モーターショー2015

これはホンダのレジェンドに採用されるSH-AWDあるいは、そのフロントとリアが逆パターンの新型NSXのシステムに近くなることが予想される。これまでホンダがフラグシップ級モデルに搭載してきたシステムが、スバルではミドルクラスSUVのフォレスターに採用されれば、車両価格もリーズナブルとなるはず。ボクサーエンジン、アイサイトに続くスバル車の新たな魅力となるだろう。またこのアイサイトも次世代型のVer.4にアップデートされる。

スバル VIZIV FUTURE CONCEPT インテリア スバル次期フォレスターVIZIV FUTURE CONCEPT

前述のSGP採用によりボディサイズはレガシィ側に引き寄せられ、次期フォレスターの全長およびホイールベースは現行型から延長されることが予想される。

#1 匿名さん2016/05/23(Mon)14:05:23
無駄にバカでかくなって日本では売れない
#2 スバルしっかりしろ!2017/04/20(Thu)22:24:51
フォレスターは現行型のサイズがベストバランス。
長さが短く幅が広く高さが低いとあっては、もはやSUVではない。
そんな使い買っての悪い(イヴォーグのような)車は、国内では必要ない。
パワーユニットが新開発の直噴タイプFB-20になるとの噂あり。
ターボが付かないNAエンジンに、どんな魅力があろうか。。

名前(任意)
コメント