car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期フォレスターはスバル&トヨタ共同開発の次世代ボクサーハイブリッド搭載か

次期フォレスター向けの水平対向ハイブリッドエンジンはスバルとトヨタの共同開発

(写真は現行フォレスター)
フォレスター 欧州仕様

スバルが次世代ハイブリッドシステムをトヨタと共同開発していることが日経新聞の報道により明らかとなった。その市販時期としては2017年が計画されており、同ブランドのSUV車に投入するとしている。

このSUV車とは何を指すのか。自動車リサーチでは次期フォレスターではないかと判断している。

フォレスター フランクフルトモーターショー2013

次世代水平対向ハイブリッドはフォレスターだけでなく、トヨタ側車種にも展開

さて、スバルの主力SUV、フォレスターは5年サイクルでフルモデルチェンジを経てきた。前回フルモデルチェンジは昨年2012年であったことから、次回フルモデルチェンジとしては2017年が推定される。これは次世代ハイブリッドシステムの市販時期と重なるものである。
また、この次世代ハイブリッドシステムは、水平対向エンジンがベースとなり、生産も富士重工業によって行われる見込み。さらに、トヨタ側車種にも供給されるとしており、その候補としてはRAV4、ハリアー、レクサスNXのそれぞれ次世代モデルが考えられる。

(写真はスバルXVハイブリッド、2013年3月ニューヨーク)
スバルXVハイブリッド

今年2013年はスバル初のハイブリッドカー、XVハイブリッドがデビューした年でもある。2.0Lのボクサーエンジンに10kWの小型アシストモーターを装備したハイブリッドシステムはスバルが独自開発したものであり、走行性能の高さや、クラス初の4WDハイブリッドカーということもあって好受注を得ている。

スバルボクサーハイブリッド

ただし、その燃費性能はJC08モードで20.0km/Lと、2.0Lクラスのハイブリッドカーとしては必ずしも優れているとは言えなかった。次世代ハイブリッドシステムを見据えた本格的な燃費性能の向上には、スバルとしてはハイブリッド技術で先行するトヨタとの共同開発が欠かせないというわけである。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント