car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スバル次期レヴォーグ2019年発表か、日本向けステーションワゴン後継車

スバルが次期レヴォーグをスバルグローバルプラットフォームで開発中

スバルではレヴォーグの次期型が開発中となっている。

(写真は現行レヴォーグ)
レヴォーグ

現行レヴォーグは2013年の東京モーターショーでワールドプレミアされ、2014年に発売されたモデルであった。次期型の登場は2019年が見込まれており、やはり東京モーターショーでのワールドプレミアとなるだろう。実質的な発売日は翌年の2020年が予想され、6年の販売期間を経て二代目モデルへ切り替わることになる。

レヴォーグ リアコンビネーションランプ レヴォーグ 東京モーターショー 2017

次期レヴォーグのエンジンは新開発の1.8L DITと1.5L DITの搭載が予想される

スバルでは2016年のインプレッサから、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)の導入が進められている。このプラットフォームを利用することで、次期型レヴォーグが開発されることになり、基本性能とコストパフォーマンスの両面で優れたモデルに仕上がることが期待される。

シャシーの主要設計はSGPにより共通化されるが、パワートレインでは次期レヴォーグから新開発型が搭載される見込みである。

(写真は現行1.6L DIT)
1.6L DIT 直噴ターボ ボクサーエンジン

現行の水平対向4気筒のボクサー直噴ターボエンジン(DITエンジン)は2.0Lと1.6Lが用意されるが、これらはさらにダウンサイジングされ、次世代型の排気量はそれぞれ1.8Lと1.5Lとなる。なかでも1.8L DITの開発が先行して進められており、フルモデルチェンジを受けた二代目モデルレヴォーグの初期型から導入されるだろう。1.5L DITエンジン搭載車についてはマイナーモデルチェンジ以降の追加投入が予想される。

これに合わせてCVTも高効率化されることになり、燃費性能の大幅な向上が期待される。

#1 匿名さん2018/01/15(Mon)14:16:09
スバルはモデルチェンジサイクルが短いな。5年でFMCか。
現行モデルは、前後のオーバーハングが長すぎて(ホイールベースが短すぎて)不格好。水平対向エンジン縦置きだから仕方がないけど。
デザインが他社に比べてショボいのも、またスバル車の愛すべき魅力。
#2 サイト運営者様へ2018/01/15(Mon)14:42:34
サイトリニューアルしたのですか?
ページレイアウトも、使用フォントも以前のほうが見やすかったです。
まだ工事中なんですよね?
#3 匿名さん2018/01/15(Mon)15:10:58
ショボイのではなく「質実剛健」って言って欲しいな(笑)
インプレッサは、フロントオーバーハングをもう少し短く出来ればグッド。
新開発1.5DITはインプレッサにも早く搭載して欲しいな。
#4 匿名さん2018/01/15(Mon)15:23:25
それは失礼w

スバル車は「絶世の美しさ」とは無縁だが、万人に好まれるデザインだとは思う。BRZはトヨタがデザインしたのだが、スバルがデザイン主導だったら
どんなデザインだっただろう?
#5 匿名さん2018/01/15(Mon)16:39:20
次期型は、走っているだけでエンジン炎上なんていう不名誉、絶対に起こさないよう
念には念を入れてシッカリ作って欲しい

性能に熱を入れすぎた、という言い方もできるが、スバリスト以外には言い訳もならんので
性能高いのは勿論だが、安心・安全と必ず両立した上で、β版のまま出すなんて事は決してせず
とことん真面目に作り込んでくれ

現状、スバルのイメージリーダーはWRXではなくこれ。しかも新規参入の大半を獲得してるクルマ
次期型レヴォーグは、今後のスバルの浮沈を担っているのだから
#6 匿名さん2018/01/15(Mon)17:14:01
グローバルでのスバルの生産台数では、
・フォレスター
・アウトバック(日本ではレガシィアウトバック)
・スバルXVを含めたインプレッサシリーズ
が他を圧倒する
レヴォーグは日本以外では欧州に少々、といった少量生産モデルだ
まずは、今年FMCされる予定のフォレスターの出来に注目だろう
#7 匿名さん2018/01/15(Mon)18:00:48
次期モデルでは、フードエアインテークが無くなりそう

モデル途中でHV or PHVが追加されたとしたら、あの穴が開いてると「エコ」なイメージがしないと思う
このサイトでも、誰かが「あれは邪魔」と書いていたな
個人的には、スバル車のアイコンとして残しておいて欲しいが
#8 匿名さん2018/01/15(Mon)18:46:16
♯1に同意
ホイールベースが短かすぎて、チョロQのように見えるのは、次回なんとかして欲しい
#9 匿名さん2018/01/15(Mon)22:23:02
300psを発揮するハイパフォーマンスモデルは無くなってしまうのね・・・
#10 匿名さん2018/01/15(Mon)22:40:34
ホイールベース短くないとレガシィになっちゃうだろ
#11 匿名さん2018/01/15(Mon)22:42:29
♯10
わかってないね
全長に対するホイールベースの比率が短いんだよ
=前後のオーバーハングが無駄に長い
#12 調べてみたシリーズ2018/01/15(Mon)23:03:29
日本で買えるDセグメントステーションワゴンにおける
「全長に対するホイールベースの比率を算出してみた」の巻
※以下、WB=ホイールベース

車名     全長  ホイールベース  比率
レヴォーグ         全長4,690mm WB 2,650mm  56.5%
アベンシス         全長4,700mm WB 2,700mm  57.4%
CLAシューティングブレイク 全長4,670mm WB 2700mm   57.8%
Cクラス ステーションワゴン 全長4,730mm WB 2840mm   60.0%
A4アバント          全長4,735mm WB 2825mm   59.7%
3シリーズツーリング 全長4,645mm WB 2810mm   60.5%

確かに「レヴォーグ」は同クラスのライバルに対して
「極端なショートホイールベース」であることが証明された
#13 匿名さん2018/01/15(Mon)23:17:23
♯12
エンジンレイアウトもさることながら、現行WRX S4/STIとボディ・シャシーを共用しているからショートホイールベースなのはやむを得ないのかも。
と、いうことは次期モデルもWRXベースだろうから、やはり「不格好」なのは変わらない、ということか・・・
#14 匿名さん2018/01/16(Tue)10:32:24
レヴォーグは海外でも売られているが、日本市場向けに設計された
ショートホイールベース&ショート全幅で日本の狭い路地、駐車場にあわせた
かつ、デカいラゲッジで帰省、週末のお出掛けに対応
格好にこだわるならレガシィ買ってくださいってことだ
#15 匿名さん2018/01/16(Tue)11:50:22
♯14
「ショート全幅」という言葉はない。初めて聞いた。笑える。
また、レヴォーグは日本市場向けの設計ではない。
WRXとボディを共用したため、たまたま日本市場にマッチしたサイズとなっただけの話。
#16 匿名さん2018/01/16(Tue)13:09:33
あるものを使わざるを得ないのは分かるが、レヴォーグほど全長に対するホイールベースが長くなると、異様に見える人も居るのは仕方ない

見る方向によって同様に長く見えるBRZやポルシェ911などは破綻していないが、デザインの妙もあるとはいえ、実際に比はレヴォーグほど極端なバランスじゃない事が何よりの理由
逆に、過去のフェラーリを今の感覚で見ると、幾つかは異様なホイールベースの短さに違和感を覚える。時代もバランス感覚も変化してくものだ

ホンダやトヨタのギラギラ顔、マツダの不良デブ顔、スバルのガンダム顔などは、どうしても気に入らなければオーナーが手を入れて改善できる
しかし、ホイールベースまでは変えられない。そこに注文が付くのは、買う意思がある人ならなおさら当然の事だろう
#17 匿名さん2018/01/16(Tue)13:13:52
↑×全長比でホイールベースが「長い」  ○「短い」
ごめんね
#18 匿名さん2018/01/16(Tue)13:29:06
♯16、17
クーペやスポーツはいいのよ。ホイールベース短くても。回答性とかメリット大きいし。
レヴォーグやハリアーは、バランスが悪い。
♯12にある通り、欧州のワゴンはみなカッコイイ。スバルはまだまだ精進が必要。
#19 匿名さん2018/01/16(Tue)13:32:46
♯16
美的感覚がないようで残念だ

スバルのガンダム顔?どこが?具体的にどのガンダムよ?
マツダがなんだって?
こいつ、じゃあ、どんな顔が好みなのよ?どうせミニバン顔だろうなw
#20 匿名さん2018/01/16(Tue)13:49:13
レガシィあるのになんでWB短いとかケチつけてんだ
#21 調べてみたシリーズ2018/01/16(Tue)14:08:48
「レガシィレガシィ」とうるさい輩がいるので、アウトバックを追記して再度

「全長に対するホイールベースの比率を算出してみた」の巻
 ※以下、WB=ホイールベース

比率の数値が小さいほど、「ショートホイールベース」となるわけだ

車名            全長      ホイールベース  比率
レヴォーグ         全長4,690mm WB 2,650mm  56.5%
アベンシス         全長4,700mm WB 2,700mm  57.4%
レガシィアウトバック    全長4,820mm WB 2,745mm  57.0%
アテンザワゴン       全長4,805mm WB 2,750mm  57.2%
Cクラス ステーションワゴン 全長4,730mm WB 2,840mm  60.0%
A4アバント          全長4,735mm WB 2,825mm  59.7%
3シリーズツーリング 全長4,645mm WB 2,810mm  60.5%
#22 ♯212018/01/16(Tue)14:11:19
上記の数値を見ると、レヴォーグがいかに「ショートホイールベース」なのかが明白だ
ショートホイールベースが悪いとは言わない
ただ、サイドから見たバランスは、ライバル他社に対して明らかに劣って見える
次期モデルでの改善に期待
#23 匿名さん2018/01/16(Tue)14:18:43
♯20
で、結局レガシィがあるのに・・・は何のことだったの?

■マメ知識①
「レガシィ」とは。北米・欧州ほか海外市場では単に「レガシィ」。
豪州のみ「リバティ」と呼ばれる。日本市場では「レガシィB4」。

■マメ知識②
「アウトバック」。北米・欧州では単に「アウトバック」と呼称。
日本市場のみ「レガシィアウトバック」と呼ばれる。
#24 匿名さん2018/01/16(Tue)14:57:58
♯20
みんなね、レヴォーグについてね、「全長に対してWBが短いよね」って語ってるの。わかる?

ケチつけてる人はいないよ。
WBが短いからダメとかではなく、レヴォーグの場合はサイドから見たバランスが明らかにおかしいよねって話。だから次期モデルで改善されると良いねって言ってるんだ。わかった?

だから、レガシィがどうとか関係ないの。
もしかして「スバルのヒエラルキー」と勘違いしてない?
#25 匿名さん2018/01/16(Tue)15:30:38
アルシオーネも、前後のオーバーハングが無駄に長かったな
成り立ちとか考えると仕方なかったんだろうけど

スバルはな〜
もう少しでいいから、デザインにチカラを入れて欲しいな〜
野暮ったさも含めて大好きだけどさ
#26 匿名さん2018/01/16(Tue)15:34:13
スバル関係者様へ
御社の取り扱い商品である「レヴォーグ」につきまして、ユーザーの間では喧々がくがくの論争が巻き起こっております。裏を返せばそれだけ注目しているということでもあります。
つきましては、ユーザーが感動できるような新型の登場を期待しております。
#27 匿名さん2018/01/16(Tue)18:21:39
♯21
レヴォーグのホイールベースは短いね
ヨーロッパ勢は長いな
BMWとかアウディ、ボルボはフロントオーバーハングが短くてカッコ良く見えるもんな
#28 匿名さん2018/01/16(Tue)19:10:50
SGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用した、現行インプは、評論家から絶賛された
次期レヴォーグにも期待がもてる
まず、デザインをなんとかしてくれ
パワーダウンは仕方が無いが、スバルらしいスポーツ性は維持してね
#29 匿名さん2018/01/16(Tue)22:33:33
絶賛した評論家とファンの中には、その理由と意味を自覚してない場合もあるみたいだがな……
一部向けに特化したクルマってのはメーカーとしても一番作りやすい
難易度としては平均点の高い車の方が、尖った車よりずっと難しい

現行インプレッサは「値段なり」の中でその「平均点を上げてきた」
今までのスバルが蔑ろにしてきた、他社が地道に積み重ねてきた領域に、やっと踏み込んでくれたんだ
「スバルが」この種類の車を作ったから「新鮮に感じ」絶賛したくなる。他で見ても「いつもの」に感じる。それを自覚したいもんだ

一般人はカローラやデミオと同等に評してるが、片寄った人たちは何故か、それを批判されてると勘違いして
あまつさえクルマを知らぬ人の価値のない言葉、みたいな的はずれの人格攻撃を始める
それら現代の大衆車が本当に進化していて価値があることを解ってるから、一般人は真面目に双方とも評価してるってのに

なんで片方だけ評価して、片方は貶さなきゃ気が済まないんだよ……
どのメーカーもそれぞれ凄いんだよ。それはほんっっとに喜ばしい事なんだぞ
#30 意図が伝わりませんでした。2018/01/16(Tue)22:45:42
長文だと、今の若い人には伝わりません。
だから、「老害」と言われてしまうのです。

まず、結論ありき。
結論を真っ先に書く。一番伝えたいことを最初にもってくる。
ビジネス文書の基本を理解しないといけませんね。
#31 匿名さん2018/01/16(Tue)23:28:31
それで老害認定すると、上のレスの内容通りになってそうで怖いぞ
まぁ好きなものに熱くなる気持ちは、好きなものを平静に客観できることと同じくらい大事とは思うけどね

しかし俺も近頃気になってたのは、新インプやSGPを評価するってことは、スバル版80点主義+αを歓迎するってことなんだが
それを分かった上で言ってるのかなってこと。ここはぼんやりとだが違和感あった
#32 匿名さん2018/01/16(Tue)23:40:11
スバル版80点主義+αじゃダメなのかね?
SGPを採用した現在でも、スバルはじゅうぶん他社より尖ってると思うけど・・・
♯31は、現行インプ以降、普通になり過ぎたと思ってるのかね
#33 匿名さん2018/01/17(Wed)05:21:02
インプにもStiバージョン追加される事を期待。
#34 匿名さん2018/01/17(Wed)12:04:08
♯33
「STI Sport」な
現在は、レヴォーグとBRZのみ
スバル全車種に設定してもいいくらいだが、インプ系とレガシィ系は大人しいモデルのみで販売していくようだ
#35 匿名さん2018/01/17(Wed)12:27:57
少しややこしいが、GR SportとGRみたいな関係だな
ともかくSTi Sportはあくまでジェントルな、意匠と共に走りの質でも高級感を求めるもので決してタイム短縮じゃない
ならレガシィにはベストマッチと思うけど、旗艦だけあってオーナー離れを起こさないようにしなきゃならないんで難しいのかもな
対して、BRZ/86ほどではないにしても若年層が買ってるレヴォーグなら設定しやすい。次期型でも必ず出るだろう
#36 匿名さん2018/01/17(Wed)12:42:47
STI Sportは♯35が書いた通りだろう。

対して、WRXやレヴォーグにたまに限定販売される「tS」はより尖ったチューンを実施してくる車種だ。
WRX STIで2年に一回のペースでリリースされる「S20●」はマニア垂涎の内容。昨年末に450台限定でリリースされた「S208」は、瞬殺されたのは記憶に新しい。700万円前後もする高額且つ抽選販売というモデルだったが、好事家はたくさんいるものだ。
レギュラーモデルとして販売しないことが、また良いのだろうな。
#37 匿名さん2018/01/19(Fri)20:25:06
次期フォレスターの情報が欲しい
3月のジュネーブショーか、4月のニューヨークショーでお披露目か?
#38 匿名さん2018/03/12(Mon)08:59:42
スバルはカッコ悪い
#39 匿名さん2018/03/13(Tue)12:19:57
スバルは前社長がバカ
#40 匿名さん2018/03/17(Sat)11:21:42
MTがないのが致命的欠陥
スバル製作・販売陣バカになったとしか言えん
#41 匿名さん2018/03/17(Sat)11:27:18
所詮、スバルだし
今更なにを・・・
#42 匿名さん2018/03/17(Sat)13:46:57
今どきMT とかいうユーザーに支えられてるスバルは危ないなぁ‥
#43 匿名さん2018/03/17(Sat)13:48:09
北米市場が冷え込んだら、一気に苦境に立たされる
#44 匿名さん2018/03/17(Sat)15:00:06
MTで愉しみまくってます。
#45 匿名さん2018/03/25(Sun)15:13:31ID:BmMTQxZj2Z
MT好きのユーザーを無視するような会社はけしからん
前社長が金の亡者だったからだろ

名前(任意)
コメント

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先