スバルの次世代セダン、VIZIV PERFORMANCE CONCEPT、東京モーターショー

スバル
このページの情報は古いです
レガシィアウトバックの最新ニュースはこちらです
 NEW  スバル新型レガシィ アウトバックがフルモデルチェンジ、日本仕様414.7万円~先行予約スタート

スバルは東京モーターショー2017でセダンコンセプトを発表予定

スバルは開幕が迫った東京モーターショー2017で、VIZIV PERFORMANCE CONCEPTをワールドプレミアさせる予定となっている。そのティザー画像2点が公開された。

(写真はVIZIV PERFORMANCE CONCEPT)
VIZIVパフォーマンスコンセプト

スバルの未来を示すコンセプトモデルであるVIZIVシリーズは、これまで将来のフォレスターやアウトバックを想像させるクロスオーバーSUVスタイルのフォルムであった。今回はスポーツセダンということで、レガシィB4やインプレッサG4といったモデルの次期型を示唆することになる。

VIZIV PERFORMANCE CONCEPTによりスバルの次世代セダンのエクステリアが推測される

フロントのティザー画像からは、ヘキサゴングリルとコの字型LEDポジションランプが踏襲されていることが確認できる。ヘッドランプ形状はコの字をより強調させるスクウェアな形状が採用されており、目頭部分が細い現行スバル車種のヘッドランプとは異なった表情となりそうだ。

VIZIV パフォーマンス コンセプト リアフェンダー

リアビューからは美しいルーフラインがまず目に留まる。エクステリア重視のため後席はややタイトな居住スペースとなるかもしれない。リアフェンダー付近のキャラクターラインは彫りが深く、印象的なものとなりそうだ。

(写真はレヴォーグ)
レヴォーグ

サイドミラーはカメラ式となっており、ここからの映像もアイサイトあるいは自動運転技術に活用されることが推測される。スバルはアイサイトツーリングアシストとして、レベル2の自動運転技術をレヴォーグ、WRX S4に導入している。東京モーターショーでは今後の採用車種の拡大や、アイサイトをベースとする次世代自動運転技術についても話が聞けるかもしれない。

このページの情報は古いです
レガシィアウトバックの最新ニュースはこちらです
 NEW  スバル新型レガシィ アウトバックがフルモデルチェンジ、日本仕様414.7万円~先行予約スタート
タイトルとURLをコピーしました