car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フォレスターがフルモデルチェンジ、FA20ターボエンジン搭載、さらに大型化

新型フォレスターが発売、さらに大型化し迫力あるSUVに

新型フォレスターが本日2012年11月13日デビューした。
新型フォレスター
新型フォレスターのボディサイズは全長4595mm×全幅1795mm×全高1695mm、ホイールベースは2640mm。北米市場向けに大型化した先代モデルと比較しても、これをさらに上回る寸法が与えられた。ヘッドライトやグリル周りのデザインは、一回り小さい新型スバルXVの流れを踏襲するもので、大きなボディが与えられるフォレスターではより力強さを感じるものとなっている。

新型フォレスターの上位グレードはFA20ツインスクロールターボ搭載モデル

新型フォレスターに搭載されるエンジンは2タイプ。まずはベーシックな2.0L 4気筒 水平対向 NAエンジンであるFB20型は、先代モデルから引き継ぐものとなり、安定したパフォーマンスと優れた燃費性能を兼ね備えたモデルになる。
注目は上位モデルの2.0XTに搭載されるBRZ/86のFA20型にツインスクロール式ターボチャージャーを装備したエンジンである。このFA20ターボは既にレガシィDITとして市販化されているのだが、これが新型フォレスターにそのまま搭載されているわけではない。燃費重視にセッティング変更されており、最高出力は280ps、最大トルクは350NmとレガシィDITの300ps、400Nmをそれぞれ下回るスペックとなっている。重量増と背高なSUVボディによる空力特性悪化を伴うフォレスターであるが、JC08モード燃費はレガシィDITと同じ13.2km/Lを達成している。
フォレスター 2012
新型フォレスターの価格はエントリーモデルの2.0iが199万円からとなっている。中でもアイサイトVer.2を装備したグレードが人気になると予想され、NAエンジンの2.0i-L EyeSightが239万円、FA20ターボエンジンの2.0XT EyeSightが279万7000円となっている。

新型フォレスターも北米市場をメインとしたモデルには変わりない。国内販売目標台数は控えめで2000台/月を見込んでいる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント