car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

日産がEVシフトを鮮明に、IMxコンセプトがベースのフラグシップEVを計画

IMxは日産のフラグシップEVとして市販化される予定

日産は東京モーターショー2017でIMxコンセプトを発表した。EVパワートレインを搭載するクロスオーバーSUVに属するモデルであったが、これは今春に開催されたジュネーブモーターショー2018でもIMxコンセプトKUROとして出品され、ブラック調エクステリアの別モデルが欧州市場に向けて公開された。

(写真はIMxコンセプトKURO)
日産 IMx-KURO コンセプト

その後、日産は「日産M.O.V.E to 2022」における自社のEVについての計画、方針の具体的な内容を発表している。この中にはIMxコンセプトをベースとした、クロスオーバーSUVタイプのEVの市販化も含まれている。

IMx-KURO フロントグリルIMx 市販予定

IMxコンセプトのパワートレインは、ツインモーター4WDの採用による最高出力320kW、最大トルク700Nmという性能が示されている。コンセプトカーの段階ではあるが、特にトルク性能ではGT-Rを凌ぐスペックとなる。市販化に向けて、いくらかの現実を受け入れることになったとしても、IMxコンセプトの市販型は日産のフラグシップEV的なポジションを担うことになるだろう。

日産IMx-kuroコンセプト シート IMx-KURO 自動運転

日産は2022年度のEV販売目標を100万台に設定、プロパイロットの高速車線変更は2019年

IMxコンセプトの自動運転については「完全自動運転」を謳っていることから、レベル5のシステムの搭載を想定したものと考えられる。あと5年後ということであれば、これを達成するのは難しい。しかし、今後、自動運転技術が急速に進化していくことは間違いなく、日産はプロパイロットの次世代型にあたる高速道路の複数車線走行を含めた自動運転システムについて、2019年3月までの市販化を予告している。

日産 IMx-KURO コンセプト ジュネーブモーターショー2018 日産 IMx-KURO コンセプト リアコンビネーションランプ

このほか「日産M.O.V.E to 2022」では、IMxコンセプト市販型と市販実績のあるリーフの他に7モデルのEVを計画しており、年間販売台数として合計100万台を目標としている。特に日本市場に向けては、軽自動車規格の新型EVも予告されており、これは傘下の三菱自動車によるi-MiEVの実質的な後継モデルと考えられる。

#1 匿名さん2018/04/08(Sun)08:41:46ID:Q4MzkwZTjN
人間のドライビングスキルは下がる一方
#2 匿名さん2018/04/08(Sun)09:45:00ID:YwZDRiZTmN
現状の「プロパイロット」が「自動運転技術」?
「e-POWER」が「電気自動車」?
まあ、いいやwww

今は一部のクルマニアには嘲笑されていても
いつか世界の覇権を奪っているかもしれないし。。。

技術の日産!
日産がやらなくて、ほかに誰がやる!
#3 匿名さん2018/04/08(Sun)10:39:38ID:BlYzI0ZDWZ
リーフとe-POWER以外は三角コーナーにポイッか
#4 匿名さん2018/04/08(Sun)11:01:40ID:ViNGIyNzjY
EVシフトはいいとして、これがフラッグシップとか頭おかしいとしか思えん

高級感も非日常感も何も感じない
#5 匿名さん2018/04/08(Sun)11:12:45ID:YwZDRiZTmN
コンセプトカーにクレームとかwww
#6 匿名さん2018/04/08(Sun)16:58:48ID:JiYWZiYWWN
>>4
だって日産だから
インフィニティ知ってる?
#7 匿名さん2018/04/08(Sun)18:16:53ID:I2ZDU1NzDM
日産が好きなスターウォーズのグリーバス将軍みたいなデザインやな。
#8 匿名さん2018/04/08(Sun)20:23:57ID:c0MjNkZjTY
技術が無いからEVに傾注してる。
最近はEV用バッテリーの内製からも撤退。
年100万台にはバッテリーの確保が必須だけど、
日産は外部調達に頼る方針らしい。
文字通り炎上するかも。
#9 匿名さん2018/04/09(Mon)04:33:59ID:ZiMDcwNzmN
今年出る予定のバッテリー容量増リーフのバッテリーはLG化学からって話になってるからね。ルノー車で実績あるとはいえ、やっぱバッテリーは国産じゃないと燃えちまわないか不安だわな。
#10 匿名さん2018/04/14(Sat)12:37:42ID:VjNWYyYWTO
悲しい時代だな(;・∀・;)
#11 匿名さん2018/04/27(Fri)23:52:12ID:ljYzI1MjzZ
国産ならあんしんという時代なんてとうに過ぎ去ってない?
とくに電気電子まわりなんてのは

名前(任意)
コメント
ティーダ/ラフェスタ/モコ/キャラバン/Infiniti Q80/Infiniti QX30/ラティオ/オッティ/パルサー/Infiniti QX50/シルビア/シルフィ/infiniti Q30/ティアナ

過去記事(2017/11/11)

NISSAN IMx画像、これが日産の考える無人自動運転EVの最新モデル

未来の無人自動運転車を提案、NISSAN IMxが東京モーターショーで発表

東京モーターショー2017では、将来の無人運転を予告するコンセプトカーとしてNISSAN IMxが発表された。

(写真はNISSAN IMx)
ニッサン IMx

NISSAN IMxのボディサイズは全長4700mm×全幅1880mm×全高1620mm、ホイールベースは2800mmとなる。

ニッサン IMx フロントグリル ニッサン IMx バックドア

フロントエクステリアはシャープさが強調されたヘッドランプと、両サイドのエラのようなエアインテークらしき造形が印象に残る。リーフなどとも共通する逆台形フロントグリルと中央の日産エンブレムは継承されている。大径タイヤと樹脂製ホイールハウスのあたりは、現行市販型でよく使われがちなクロスオーバーSUVのデザインを引き摺っているのが面白い。ルーフラインは低く、クーペSUVと呼ばれるカテゴリのボディスタイルに近いだろう。

2モーター4WD方式のEVパワートレインを採用、航続距離600km

EVパワートレインは160kWのモーターを前後二基に搭載したツインモーター式AWDが採用される。最高出力320kW、最大トルク700Nmというパフォーマンス。JC08モードによる航続距離は600kmとなる。

ニッサン IMx 東京モーターショー2017 ニッサン IMx シート

リーフが最高出力110kW、最大トルク320Nm、航続距離400kmということであるから、これよりも2クラス以上は上級のEVパワートレインが想定されている。

ニッサン IMx インテリア ニッサン IMx リアシート

手動運転のマニュアルドライブモードと、自動運転のプロパイロットドライブモードの切り替えが可能となっている。自動運転時にはステアリングが収納される方式が採用されており、これは2015年の東京モーターショーでも技術発表があった。

ニッサン IMx リアコンビネーションランプ

シームレス オートノマス モビリティ(SAM)についても言及があり、無人走行中の予期せぬトラブルにオペレーターが遠隔指示を与えるシステムが導入される。実用レベルを目指した無人走行技術の開発が進められている。

過去記事(2015/07/03)

日産がHV専用車のラニアハイブリッドを東京モーターショーに出展か?

ラニアハイブリッドが次期プリウスの対抗モデルとして日本発売される噂

日産はエクストレイルハイブリッドを2015年5月に発売させた。そのハイブリッドシステムは直4 2.0Lガソリンエンジンをメインとする1モーター2クラッチ式の本格的なものとなった。日産もようやく普及車クラスの車種にハイブリッドエンジンという選択肢を得ることができた。

そして、このハイブリッドエンジンはセレナなど、現行の2.0Lクラス車種へ搭載されていくことになるが、さらにハイブリッド専用の新型車種の導入も計画されている。

(写真はラニア)
日産ラニア 2015

そのベース車体として第一候補に挙げられているのが、今年4月の上海モーターショー2015で市販モデルがワールドプレミアされたラニアである。ラニアは2013年のフレンドミー、2014年のラニアコンセプトをルーツとする中国市場をメインとして開発された中型セダン。そのグローバル販売も計画されており、日本市場向けにはハイブリッド専用車として導入されることが予想される。

ラニア リアコンビネーションランプ ラニア ブルーバード後継 新型セダン

既に車体およびパワートレインにおいて基本となるものが完成していることから、その発売日としては2016年内が予測される。

ラニア インテリア

ラニアハイブリッドは次期プリウスのライバル車、東京モーターショーでデビューか

このラニアハイブリッドなるモデルは、2015年秋にフルモデルチェンジされるプリウスの対抗モデルとしてポジショニングされる。

ラニアハイブリッドは一見近未来的であるがオーソドックスなセダンスタイル。プリウスは次期モデルでもワンモーションフォルムのハッチバックスタイルになるとされており、互いのボディタイプは異なるのだが直接的なライバルとなるはずだ。

(写真はラニアコンセプト)
ラニア コンセプト

10月に開催される東京モーターショー2015では、トヨタが次期プリウスを、日産がラニアハイブリッドをワールドプレミアさせるのではと期待が高まる。

過去記事(2015/04/21)

日産の新型セダン、ラニアが上海モーターショーでワールドプレミア

ラニアとして日産が新型セダンを発表、中国市場の若者をターゲットとしたモデル

日産は4月20日より報道向け公開がスタートした上海モーターショー2015で、新型ラニアを発表した。

(画像は新型ラニア)
ラニア 日産

中国では北京と上海で国際モーターショーが隔年開催されるが、前回の北京ショー2014では本モデルの前身であるラニアコンセプトが初公開されていた。今回はその市販型の公開ということになる。

新型ラニアはブルーバード後継車、ハイブリッドエンジン搭載による日本発売を期待

新型セダン、ラニアのエクステリアデザインはコンセプト段階のモデルに非常に近いものとなった。フロントは現行日産車のアイデンティティとなっているVモーショングリルが配置される。ヘッドランプはブーメラン型を採用しているが、現行日産車と比較すると奇抜さが抜けセダンらしく落ち着いた形状となっている。

ラニア Vモーショングリル ラニア リアコンビネーションランプ

ボディ後半ではCピラーの一部がブラックアウト処理されており、サイドウィンドウからリアウィンドウまでが連結されたデザインとなっている。このような造形は、ミニバンやステーションワゴン車でよく見られたが、セダンに採用することで既存のいずれのボディタイプにも属さない新鮮なイメージが与えられた。

日産ラニア 2015 ラニア ブルーバード後継 新型セダン

新型ラニアはコンサバティブなセダンボディでありながらも、若者ウケを狙った斬新な仕上がりとなっている。こういったモデルを生み出すことができたのは、セダン需要の大きい中国でデザインされたことが理由として大きいだろう。

ラニア インテリア

今回は主にエクステリアおよびインテリアデザインの発表にとどまっており、2015年秋に中国で新型ラニアとして発売日を迎える計画となっている。日本市場へ向けたアナウンスは無いが、北京でのコンセプト発表時にはハイブリッドエンジンの搭載が噂されていたことから、プリウス対抗馬としての日本発売が期待される。

過去記事(2015/04/15)

日産が新型ラニアを発表予定、中国向け中型セダン、上海モーターショー2015

日産ラニアが中国で市販化、上海モーターショーでワールドプレミア予定

日産は4月22日に一般公開される上海モーターショー2015にて、新型の中型セダン、ラニアをワールドプレミアさせる予定となっている。

(写真は新型ラニア、ティザー画像)
ラニア

ラニアは中国語で青い鳥を意味する。日産がかつてラインアップしてきたブルーバードシリーズを連想させ、ボディサイズで言えばC-Dセグメントクラスになることが予想される。

日産ラニア

日産は発表に先駆けて、新型ラニアのティザー画像1枚を公開している。中型セダンとしながらも特徴的なルーフラインとトランク形状を持つボディシルエットが確認できる。

ラニアハイブリッドとしての日本発売に期待、プリウス対抗のHV車

これまで日産は、中国市場をメインターゲットとするキャビンスペースを大きくとった中型セダンの新規投入を計画してきた。その動きはこれまでに、2013年の上海で公開されたフレンドミー、2014年の北京で公開されたラニアコンセプトと続き、今回の市販モデルの公開でようやく具現化されることになる。

(写真はラニアコンセプト、北京2014年)
ラニア コンセプト ラニアコンセプト 日産 北京モーターショー

新型ラニアに搭載されるパワートレインについては現段階では明らかとなってはいないが、これも間もなく上海ショーがスタートすれば明らかとなるだろう。

日産 北京モーターショー ラニア コンセプト

日産は日本では販売しない中国向け車種をいくらかラインアップしているが、このラニアに関しては日本発売が非常に期待される。

というのもラニアはハイブリッドエンジンの搭載がコンセプト段階から噂されていたモデルである。日産はエクストレイルハイブリッドとして、新開発2.0Lハイブリッドシステムを今春市販化したばかり。このハイブリッドユニットを搭載したラニアが日本発売されることになれば、トヨタ・プリウスの対抗車種という位置付けとなり販売面でも期待が持てそうだ。

過去記事(2015/01/07)

日産がハイブリッドエンジン搭載のCセグメントハッチを開発中、プリウス対抗

ブルーバード後継車種のラニア市販モデルはプリウス対抗のハイブリッドカーの可能性

日産は2014年の北京モーターショーでラニアコンセプトを発表していた。

ラニア コンセプト

ラニアとは青い鳥を意味し、この新型車種がブルーバードシリーズの後継であることが意図されている。ただしリアのトランク形状はやや特殊でセダンとハッチバックの中間とも言えるシェイプが与えられていた。

ラニアコンセプト 日産 北京モーターショー ラニア コンセプト ブルーバード後継

そして、このラニアコンセプトをベースにした市販モデルは、グローバル販売が計画されていることが明言されていた。特に日本市場に向けたモデルはハイブリッド専用車となる。

市販型ラニアに搭載されるのは2.0Lクラスのハイブリッドエンジンになることが予想され、ボディタイプからもトヨタ・プリウスと直接競合するモデルと考えていいだろう。

日産ラニア コンセプト

ラニアハイブリッドはプリウスの対抗車種、新世代型2.0Lハイブリッドを搭載

日産の持つハイブリッドパワートレインでは、2.0Lクラスでは今のところセレナSハイブリッドに搭載される簡易型ハイブリッドしか市販に至っていない。そして、1モーター2クラッチ式の新開発2.0Lハイブリッドエンジンを搭載させたエクストレイルが2015年3月に発表される見込み。リチウムイオンバッテリー搭載で4WDにも対応していることからトヨタの現行THSⅡよりも優れたハイブリッドシステムを日産は市場投入させる計画だ。

日産 北京モーターショー ラニア コンセプト

このエクストレイルハイブリッドと同タイプのユニットが、ラニアをベースとした市販モデルに搭載されることになるだろう。

ただし市販時期は2016年以降と予想される。まだ発売まで時間があることを考えると日本市場向けには2015年秋の東京モーターショーあたりにコンセプトモデルの発表があるかもしれない。ちょうどこの時期はプリウスがフルモデルチェンジされた直後のタイミングでもあり、日産が対抗車種をぶつけてくるのではと期待される。

過去記事(2014/04/29)

北京公開のラニア画像、日産がブルーバード復活を意識した新型セダンコンセプト

日産がラニア コンセプトを北京モーターショー2014で発表

日産は4月に開催された北京モーターショー2014でラニア コンセプトをワールドプレミアした。昨年の上海モーターショー2013で発表されたコンセプトカー、フレンドミーが市販化に向けて一歩前進したモデルとなる。

(写真は新型ラニア コンセプト、北京モーターショー2014)
ラニア コンセプト

発表されたラニア コンセプトは、一見するとハッチバックとセダンの中間的なエクステリアデザインを持つが、リアはトランクルームを持つれっきとした4ドアセダンとなる。米国と並ぶセダン大国となった中国から、新たに提案されたセダンスタイルと考える。

日産ラニア コンセプト ラニア コンセプト ブルーバード後継

また、車名のラニアとは中国語で青い鳥を意味し、これがブルーバードシリーズの後継モデルであることも意図される。

ラニアの市販モデルは中国だけでなくグローバル販売も計画されている

ラニア コンセプトのフロントデザインは、逆台形グリルの中央に日産エンブレムが配置された、典型的な日産フェイスとなった。

ヘッドライトはグリルラインとリニアな横長シェイプとなった。後方が二方向に別れたブーメラン型となっているのは近年の日産デザインのトレンドでもある。

ラニアコンセプト 日産 北京モーターショー

リアコンビネーションランプもやはりブーメラン型の影響を受けつつも横長のシンプルなデザインとなった。

日産 北京モーターショー ラニア コンセプト

ラニア コンセプトをベースとする市販モデルは、中国人によって構成される開発チームによって行われる。中国人による中国人のための車種である一方で、グローバル販売される計画も日産自動車副社長のアンディパーマ氏によって明言されている。アジア新興国での販売が予想され、日本発売の可能性も秘めたモデルとなる。

過去記事(2014/01/27)

日産がダットサン ブランドの新車種を発表予定、インド デリーオートエキスポ

ダットサンで販売される新型コンセプトカーを日産がワールドプレミア

2014年2月5日からインドで開催されるデリーオートエキスポにて、日産はダットサンブランドで販売する新型車をワールドプレミアさせる予定である。

(画像はダットサンブランドの新型コンセプトカーのスケッチ)
ダットサン コンセプトカー

エクステリアデザインはノートの系統と感じたが、ホンダ・フィットの顔つきにも近い。

ダットサンGOに続く第二弾、価格競争力をもった新興国向けコンパクトカー

ダットサンブランドは今年でちょうど100年の歴史となる。昨年2013年には新型車GOの販売がスタートし、インドやロシアといった新興国向けブランドとしてダットサンが再興した。高級車のインフィニティを含めると、日産は3つのブランドを持つことになる。

(写真はダットサンGO)
ダットサンGO

今回発表されるモデルはGOに続くダットサン第二弾の車種という位置付けとなる。車名は発表されていない。

公開されたスケッチ画像はコンセプトカーの段階ではあるが、GOよりも小さなボディサイズであることが予想される。スケッチからはリアのドアノブも確認できることからコンパクトな5ドアハッチバックカー、つまりボディタイプはマーチに近くなるのではないだろうか。

(写真は現行K13マーチ)
日産マーチ マイクラ

では、このダットサンブランドの新型コンセプトカーと、既にタイ生産となっているマーチとはどう違うのか?日本、欧州など先進国でも販売されるマーチとは違い、新興国向けのダットサンブランドでの販売というからには、思い切ったコストダウンが盛り込まれることになるだろう。新興国での価格競争力を持った車種となることが期待される。

過去記事(2014/01/20)

日産がマキシマのフルモデルチェンジを予告、スポーツセダンコンセプト発表

スポーツセダンコンセプトは次期マキシマのデザインコンセプト

日産はデトロイト開催の北米国際オートショー2014でスポーツセダンコンセプトを公開した。

スポーツセダンコンセプト デトロイト

このスポーツセダンコンセプトの駆動方式について、以前のレポートではFRと書いたが、実はこれはFF。ボディサイズが全長4870mm×全幅1912mm×全高1378mmであることも考慮すれば、北米市場で販売されるマキシマの次世代コンセプトカーと見るのが正しいだろう。

スポーツセダン コンセプト 日産 スポーツセダンコンセプト FR

現行の北米マキシマシリーズは2008年にフルモデルチェンジしていた。これまで5年前後のサイクルでフルモデルチェンジしてきており、今回のコンセプト発表はタイミング的にも遅いぐらいだ。

(写真は現行マキシマ)
マキシマ

次期マキシマは300hp以上、3.5LのV6ガソリンエンジンがパワーアップ

スポーツセダンコンセプトの逆台形グリルを中心とする主張の強いフロントデザインは、日産が2013年発表してきたコンセプトカーのレゾナンス、フレンドミーに通じるものを感じる。

(レゾナンス、ジュネーブモーターショー2013)
次期ムラーノ、レゾナンス

(フレンドミー、上海モーターショー2013)
ティーダ後継ハイブリッド フレンド・ミー

またヘッドライトとリアコンビネーションランプはブーメランタイプとなっており、これは既に現行マキシマでもそのデザインの傾向を見ることができていた。

日産スポーツセダンコンセプト 北米国際オートショー2014

FFながらもスポーツセダンということであるから、ボディはルーフ高さ、最低地上高ともに低くデザインされた印象である。一方でルーフはグラスルーフが採用されることが公開画像からもわかる。居住性が制限されるスポーツセダンながらも後席は開放感のあるものが期待できそうだ。

このスポーツセダンコンセプトに搭載されるパワートレインはV6 3.5LガソリンエンジンにトランスミッションとしてエクストロニックCVTが採用される。現行マキシマのVQ35DE型と大きな違いは無いようだが、最高出力は290hpから300hp以上にアップするということなので、いくらかのパフォーマンスアップが盛り込まれる。

過去記事(2012/03/15)

日産の次世代スポーツEV、インフィニティ・エマージ

インフィニティ・エマージがジュネーブモーターショで公開

現在開催中の2012年ジュネーブモーターショーで、日産はインフィニティブランドのミッドシップのスポーツカー、INFINITI EMERG-Eを公開した。最近では、トヨタがレクサスLF-CL、ホンダがNSXコンセプトと次世代スポーツのコンセプトモデルを公開しており、これらに続く形となった。

エマージは出力402bhp(300kW)のツインモーターが後輪の左右に搭載されたスポーツEV。全長4.464mの二人乗り2ドア仕様となっている。停止状態から時速60マイル(約96km/h)の到達に要する時間はわずか4秒。その加速の鋭さは、EVが環境に優しいだけではなく、走りを本気で楽しめるものだということを証明する。
エマージ レンジエクステンダーEV

エマージは、1.2Lエンジン搭載のレンジエクステンダーEV

このエマージの最大の特徴は、EV最大のデメリットである航続距離の短さについて、レンジエクステンダー方式を採用することで解決している点だ。発電専用エンジンとしては、1.2Lの3気筒ガソリンエンジンを搭載している。(これは定かではないが、マーチと共通エンジンということだろうか。)このガソリンエンジンが作動した場合でも、CO2排出量はわずか55g/kmとなる。また、この発電専用エンジンはキャビン後方に搭載されており、ミッドシップスポーツカーならではの優れた重量バランスも実現しているというわけだ。内蔵のリチウムイオンバッテリーがフル充電の状態であれば30マイル(約48km)のゼロエミッションドライブを実現する。

日産は、3年前のジュネーブモーターショーで、V6 3.7Lのツインターボ+電気モーターからなるハイブリッドシステムを搭載したインフィニティ・エッセンスを公開していた。
今回のエマージは、このエッセンスを彷彿させるコンセプトカーとなった。
ニッケル水素バッテリーに代わり、高性能なリチウムイオンバッテリーの普及が進みつつあるなかで、ハイブリッドからプラグインハイブリッドへ、さらにEVへと環境対策車は進化を遂げようとしている。
そういう意味では、レンジエクステンダーEV搭載のエマージは、大排気量HVのエッセンスよりもリアリティのあるモデルではないだろうか。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先