car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

日産

NISSAN IMx画像、これが日産の考える無人自動運転EVの最新モデル

投稿日:

未来の無人自動運転車を提案、NISSAN IMxが東京モーターショーで発表

東京モーターショー2017では、将来の無人運転を予告するコンセプトカーとしてNISSAN IMxが発表された。

(写真はNISSAN IMx)
ニッサン IMx

NISSAN IMxのボディサイズは全長4700mm×全幅1880mm×全高1620mm、ホイールベースは2800mmとなる。

ニッサン IMx フロントグリル ニッサン IMx バックドア

フロントエクステリアはシャープさが強調されたヘッドランプと、両サイドのエラのようなエアインテークらしき造形が印象に残る。リーフなどとも共通する逆台形フロントグリルと中央の日産エンブレムは継承されている。大径タイヤと樹脂製ホイールハウスのあたりは、現行市販型でよく使われがちなクロスオーバーSUVのデザインを引き摺っているのが面白い。ルーフラインは低く、クーペSUVと呼ばれるカテゴリのボディスタイルに近いだろう。

2モーター4WD方式のEVパワートレインを採用、航続距離600km

EVパワートレインは160kWのモーターを前後二基に搭載したツインモーター式AWDが採用される。最高出力320kW、最大トルク700Nmというパフォーマンス。JC08モードによる航続距離は600kmとなる。

ニッサン IMx 東京モーターショー2017 ニッサン IMx シート

リーフが最高出力110kW、最大トルク320Nm、航続距離400kmということであるから、これよりも2クラス以上は上級のEVパワートレインが想定されている。

ニッサン IMx インテリア ニッサン IMx リアシート

手動運転のマニュアルドライブモードと、自動運転のプロパイロットドライブモードの切り替えが可能となっている。自動運転時にはステアリングが収納される方式が採用されており、これは2015年の東京モーターショーでも技術発表があった。

ニッサン IMx リアコンビネーションランプ

シームレス オートノマス モビリティ(SAM)についても言及があり、無人走行中の予期せぬトラブルにオペレーターが遠隔指示を与えるシステムが導入される。実用レベルを目指した無人走行技術の開発が進められている。

#1 匿名さん2017/11/11(Sat)12:55:16
例の問題でリーフが大コケしてるので、これをやり遂げる資金的体力は無いでしょう
#2 匿名さん2017/11/11(Sat)13:36:47
水陸両用車の様なデザインだな。
#3 匿名さん2017/11/11(Sat)16:30:56
水陸両用車の様なデザインではないな。
#4 匿名さん2017/11/11(Sat)23:10:25
語ることの無い日産のコンセプトカー
#5 匿名さん2017/11/12(Sun)00:24:23
最近、記事がコンセプトカーばかりだからか、コメ少なめ
しかもこいつは市販予定すらないしな

運営の皆様。
ぜひ、レクサスLSの記事をお願いします!色々と盛り上がるし!
#6 匿名さん2017/11/14(Tue)18:10:54
やっつけてしまえ
日産

名前(任意)
コメント

ティーダ/ラフェスタ/モコ/キャラバン/Infiniti Q80/Infiniti QX30/ラティオ/オッティ/パルサー/Infiniti QX50/シルビア/シルフィ/infiniti Q30/ティアナ

NISSAN IMx画像、これが日産の考える無人自動運転EVの最新モデル

日産欧州キャシュカイにプロパイロットを採用、ジュネーブ発表か

日産がHV専用車のラニアハイブリッドを東京モーターショーに出展か?

日産の新型セダン、ラニアが上海モーターショーでワールドプレミア

日産が新型ラニアを発表予定、中国向け中型セダン、上海モーターショー2015

日産がハイブリッドエンジン搭載のCセグメントハッチを開発中、プリウス対抗

北京公開のラニア画像、日産がブルーバード復活を意識した新型セダンコンセプト

日産 IDx、ハコスカ復活コンパクトFRスポーツは2016年頃の市販予測

日産がダットサン ブランドの新車種を発表予定、インド デリーオートエキスポ

日産がマキシマのフルモデルチェンジを予告、スポーツセダンコンセプト発表

日産NV200バネットがベースの新型ミニバンタクシーがロンドンで発売予定

EVスポーツカー、インフィニティ・エマージを公開、北京モーターショー

日産の次世代スポーツEV、インフィニティ・エマージ

プリメーラP12型(日産)の口コミ評価