car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ジュークNISMO RSは少し遅れる可能性?2014年12月に日本発売、最高出力218ps

ジュークNISMO RSが発売、ジュネーブ発表モデルが日本導入

ジュークNISMO RSの発売が今秋に予定されていた。これは少し遅れ2014年12月頃には販売がスタートされる見込みとなった。

(写真はジュークNISMO RS、ジュネーブモーターショー2014)
ジューク NISMO RS 日産 ジュネーブ2014

今年3月開催のジュネーブモーターショーでは、欧州でのセールスが成功したジュークのマイナーモデルチェンジ発表、およびその新型エクステリアを身にまとったジュークNISMO RSモデルがワールドプレミアされていた。

ジューク NISMO RS 日産

日産のコンパクトクロスオーバーSUVは特に欧州での成功が著しく、2010年発売のBセグメントベースのジュークと、2007年発売のCセグメントベースのキャシュカイ(日本名デュアリス)の2車種をベンチマークとし、各国の自動車メーカーがこのジャンルへの新型車投入を企ててきたほどである。今回スポーツカスタマイズモデルのNISMO RSがラインアップされることで、同セグメントへの参入が増えるライバルメーカーへの牽制ともなるだろう。

ジューク ニスモ RS 日産 ジューク 後期モデル サンルーフ

ジュークNISMO RSは最高出力218psの1.6L直噴ターボエンジンを搭載

ジュークNISMO RSに搭載されるのはMR16DDT型 1.6Lの直噴ターボエンジン。これは従来型ジュークNISMOの最高出力200psのエンジンと同タイプであるが、そこからさらに+18psのECUチューンアップを受けて218psとなる見込み。

ジューク NISMO RS

トランスミッションにはエクストロニックCVTを採用。8速マニュアルモードが備えられる。
この他に、ボディ剛性強化、ブレーキ強化、RECARO製スポーツシートの装備が盛り込まれる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント