car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

エクストレイルのフルモデルチェンジ、2.0L直噴ガソリンモデルを12月11日に発表

新型エクストレイルの正式発表が間近、東京モーターショー画像

エクストレイルのフルモデルチェンジ発表が2013年12月11日に行われる見込みとなっている。

エクストレイル

写真は先日の東京モーターショー2013で参考出品された新型エクストレイル。
搭載されるエンジンは、初期モデルとしてはMR20DD型の直4 2.0Lの直噴ガソリンエンジンのみの設定となる。ただし、1年遅れでハイブリッドエンジンモデルが投入される計画となっている。日産は北米パスファインダーに搭載される2.5Lスーパーチャージャーハイブリッドシステムを持っているが、こちらは新型エクストレイルにはややオーバースペックか。開発中の2.0Lハイブリッドが搭載されると考える。

エクストレイル 東京モーターショー 新型エクストレイル

ライバル勢を見てみると、マツダ・CX-5が2.2Lディーゼルエンジン、スバル・フォレスターが直噴ターボエンジン、トヨタ・ハリアーが2.5Lハイブリッドと、それぞれ上級パワートレインをラインアップしており、エクストレイルハイブリッドの投入を待望するファンも多いはずだ。

新型エクストレイル 内装 新型エクストレイル 東京モーターショー2013

また、従来型エクストレイルにはディーゼルエンジンモデルがあったが、新型にはディーゼルは設定されず、従来モデルが引き続き販売される予定となっている。

エクストレイル リアシート

新型エクストレイルは7人乗り3列目シートの設定もあり

新型エクストレイルのボディサイズは全長4640mm×全幅1820mm×全高1715mmということで、先代モデルより少しサイズアップし全幅は+30mm拡大した。特にホイールベースに関しては+75mmの2705mmとなり、居住スペースは大幅に向上している。今回公開された車体は5人乗り仕様であるが、3列目シートが装備された7人乗り仕様が新たにラインアップする。

エクストレイル ラゲッジルーム 新型エクストレイル トランクルーム

ラゲッジルームはフロアボードの置き方でアレンジ可能となっている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント