car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

次期ジュークがCMF-Bプラットフォーム採用で、2017年フルモデルチェンジ

ジュークはコンパクトクロスオーバーSUVとして2010年より販売されるモデル。日産ではフルモデルチェンジに向けた準備が進められている。

(写真は次期ジュークコンセプトのGRIPZ)
NEXT JUKE

既に次期ジュークを予告するGRIPZコンセプトが2015年に公開済みであった。次期型もコンパクトなボディと攻めたエクステリアデザインという現行型からの流れは踏襲される。日産は、ルノー車種と共用されるCMF-Bプラットフォームの普及を進めている。CMF-Bは、欧州市場に向けて昨年2016年に発表された新型マイクラ(次期マーチ)で採用されており、次期ジュークのプラットフォームはこれと共用される。

次期ジューク Vモーショングリル 日産ジューク

次期ジュークはe-POWER搭載、早ければジュネーブモーターショーで市販型公開

次期ジュークに搭載されるパワートレインでは、シリーズ式ハイブリッドのe-POWERが主力となる。e-POWERは、GRIPZコンセプトの段階でも搭載が予告済みであり、ノート e-POWERとして市販型への搭載実績もあることから、次期ジュークへの採用は確定的と考える。

次期ジューク GRIPZ juke gripz

この他、従来型キャリーオーバーの1.5L NAガソリンエンジンモデルも低価格グレードとしてボトムラインに置かれることになるはずだ。

グリップズ 次期ジューク 日産GRIPZ

ジュークの主力市場である欧州向けには、現行型同様に新型も英国サンダーランド工場で生産される計画となっている。2017年夏頃の発売スケジュールが噂されており、9月のフランクフルトモーターショーを待たずして、3月のジュネーブモーターショーでの公開が期待される。

#1 匿名さん2017/01/27(Fri)21:02:29
初代のデザインを超えるのは難しそうだ
#2 とら2017/01/29(Sun)12:43:11
良し悪しは別にしてインパクトっていう事でなら初代は強かった。

名前(任意)
コメント