car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期ジュークはレンジエクステンダー方式のEVパワートレインを搭載か

次期ジュークを想定したGRIPZコンセプト、東京モーターショー画像

日産は東京モーターショー2015でGRIPZコンセプトを日本公開した。

(写真はGRIPZコンセプト)
日産GRIPZ

GRIPZコンセプトは約ひと月前に開催されたフランクフルトモーターショー2015でワールドプレミアされたモデルであった。今回の東京モーターショーはフランクフルトでの内容を焼き増ししたような部分もあったが、このGRIPZコンセプトもそんなモデルの一つである。

次期ジューク GRIPZ juke gripz

次期ジュークにEVパワートレインの設定を予告、発電専用エンジンを搭載

GRIPZコンセプトのエクステリアデザインはかつてのDATSUNフェアレディ240Zからインスピレーションを受けたとしているが、全長4100mmのコンパクトクロスオーバーSUVのスタイリングということで次期ジュークを想定していることが考えられる。さらに今回の東京で披露されたということは、日本市場でも販売されるということであるから、やはりGRIPZコンセプトは次期ジュークのデザインスタディモデルと考えて良いだろう。

グリップズ 次期ジューク 次期ジューク Vモーショングリル

フロントデザインでは日産のトレードマークとなったVモーショングリルが採用される。マーチやセダン車種の一部では正直なところ違和感を感じさせたVモーショングリルであるが、今回のGRIPZのようなSUVモデルとの相性は抜群である。

NEXT JUKE 日産ジューク

パワートレインとしてレンジエクステンダー方式によるEVが採用されていることも興味深い。最高出力109ps、最大トルク25.9kgmといったスペックで、これらの数値は現行リーフと同じ。そのことはモーター周りがリーフと共通化されることを意味するだろう。駆動用バッテリーの容量は大幅に削減され、発電専用のガソリンエンジンが搭載されることになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント