car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ノート・e-POWER 試乗、アクセルオンからの加速までのタイムラグが短い

新型ノート・e-POWERを試乗、日産グローバル本社ギャラリー

日産・ノートに新たなパワートレインとして導入されたe-POWERが人気となっている。従来型パワートレインを含めた合算ではあるが、ノートシリーズはライバルのアクアを超える月間販売台数となっており好調ぶりが伺える。

そんなノート e-POWERを試乗したのでレポートしたい。

(写真はノート e-POWER)
ノート e-POWER 日産グローバル本社ギャラリー

画像左上の日産グローバル本社ギャラリーを起点に反時計回りに、みなとみらい地区を走る全長5.1kmが試乗コースとなった。

ノート e-POWER 試乗コース

前半はストップ&ゴーが多くなる市街地走行で、後半は距離は短いが郊外道路を巡航するようなイメージに近い。

ノート e-POWERは加速レスポンスが良く運転しやすい、ECOモードのクセも慣れしだい

ノート e-POWERのガソリンエンジンは2000~3000回転のレンジをメインに発電専用で使われる。エンジンオフ時には騒音ゼロということになるが、オン時には従来のアイドリング回転数を大幅に超えており騒音が気になるところ。ただし、この日は非常に寒かったこともあり、オートエアコンからの送風音によって、エンジンからの騒音はほとんどかき消されてしまい気にはならなかった。

ノート e-POWER エンジン ノート e-POWER インテリア

大抵のエコカーは緩慢な加速になりがちであるが、ノート e-POWERはアクセルオンから加速が始まるまでのタイムラグが非常に短く、運転がしやすい。

ノート e-POWER バッテリー ノート e-POWER トランク

e-POWERという新しいパワートレインではあるが、ドライバーにとっては大部分は従来のクルマと変わりがない。ただし、ECOモードとSモードにおける回生ブレーキの効き方が非常に強力である。アクセルオフするだけでMT車で一段低いギアで走っているような減速を得ることができ、減速の度合いによってはブレーキランプも自動点灯する。

日産 ノート e-POWER ノート e-POWERメダリスト リアコンビネーションランプ

ECOモード、Sモードの減速は非常にクセがあり扱いにくい。しかし、これは慣れが解決してくれそうなものなので、実際のオーナーとなれば燃費の良いECOモードでの走行がメインとなってくるだろう。

#1 匿名さん2017/01/24(Tue)16:52:04
試乗インプレッションも載せるようになったんだ。読み飽きずに済みそう。

名前(任意)
コメント