ノート・e-POWER 試乗、アクセルオンからの加速までのタイムラグが短い

新型ノート・e-POWERを試乗、日産グローバル本社ギャラリー

日産・ノートに新たなパワートレインとして導入されたe-POWERが人気となっている。従来型パワートレインを含めた合算ではあるが、ノートシリーズはライバルのアクアを超える月間販売台数となっており好調ぶりが伺える。

そんなノート e-POWERを試乗したのでレポートしたい。

(写真はノート e-POWER)
ノート e-POWER 日産グローバル本社ギャラリー

画像左上の日産グローバル本社ギャラリーを起点に反時計回りに、みなとみらい地区を走る全長5.1kmが試乗コースとなった。

ノート e-POWER 試乗コース

前半はストップ&ゴーが多くなる市街地走行で、後半は距離は短いが郊外道路を巡航するようなイメージに近い。

ノート e-POWERは加速レスポンスが良く運転しやすい、ECOモードのクセも慣れしだい

ノート e-POWERのガソリンエンジンは2000~3000回転のレンジをメインに発電専用で使われる。エンジンオフ時には騒音ゼロということになるが、オン時には従来のアイドリング回転数を大幅に超えており騒音が気になるところ。ただし、この日は非常に寒かったこともあり、オートエアコンからの送風音によって、エンジンからの騒音はほとんどかき消されてしまい気にはならなかった。

ノート e-POWER エンジン ノート e-POWER インテリア

大抵のエコカーは緩慢な加速になりがちであるが、ノート e-POWERはアクセルオンから加速が始まるまでのタイムラグが非常に短く、運転がしやすい。

ノート e-POWER バッテリー ノート e-POWER トランク

e-POWERという新しいパワートレインではあるが、ドライバーにとっては大部分は従来のクルマと変わりがない。ただし、ECOモードとSモードにおける回生ブレーキの効き方が非常に強力である。アクセルオフするだけでMT車で一段低いギアで走っているような減速を得ることができ、減速の度合いによってはブレーキランプも自動点灯する。

日産 ノート e-POWER ノート e-POWERメダリスト リアコンビネーションランプ

ECOモード、Sモードの減速は非常にクセがあり扱いにくい。しかし、これは慣れが解決してくれそうなものなので、実際のオーナーとなれば燃費の良いECOモードでの走行がメインとなってくるだろう。

関連するレポート

[ 2017/01/22 ]
#1 匿名さん2017/01/24(Tue)16:52:04
試乗インプレッションも載せるようになったんだ。読み飽きずに済みそう。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

RVRにプラグインハイブリッドが追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.