エクストレイルが後期型へマイナーモデルチェンジ、プロパイロット搭載

日産
このページの情報は古いです
エクストレイルの最新ニュースはこちらです
 NEW  日産 来春発売エクストレイルから初搭載 1.5L VC-Turbo e-POWER 中大型車種も電動化へ

日産・エクストレイル後期モデル、2017年6月に発売見込み

エクストレイルのマイナーモデルチェンジが2017年6月にスケジュールされている。自動運転技術のプロパイロット搭載モデルが設定される予定だ。

(写真は現行エクストレイル)
エクストレイル

後期型エクストレイルのポイントは、プロパイロットと新型Vモーショングリル、フットトランクオープナー

現行エクストレイルは、2013年にデビューした3代目モデル。販売期間3年半で後期型へ向けたマイナーモデルチェンジが実施される。

後期型エクストレイルで最も注目される新機能となるのが、自動運転技術のプロパイロットである。高速道路の単一車線における自動運転を実現するプロパイロットは、昨年2016年からミニバンのセレナに装備されており、既に好評となっている。海外向けにもキャシュカイやインフィニティ・Q50での採用が発表されており普及が拡大しつつある。日本向けラインアップではエクストレイルが二車種目のプロパイロット採用モデルということになる。

(写真はセレナ プロパイロット)
セレナ highway STAR

後期型エクストレイルでプロパイロットが装備可能となるグレードは、20X と 20X HYBRID となる。さらにこれらのグレードにはフットトランクオープナーが標準装備される。

(写真は北米ローグ)
ローグ

後期型エクストレイルはエクステリアも一新される。フロントのVモーショングリルは大型化し、Vラインメッキの下部にブラックアウト部分が加わる。姉妹モデルの北米ローグはこのマイナーモデルチェンジを既に受けており、これに準じたデザインとなる。

(写真は新型マイクラ)
新型マーチ マイクラ

他にキャシュカイや新型マイクラでも同様の新型Vモーショングリルが採用されている。この新型Vモーショングリルは日産車全般に採用されていくことが予想される。

このページの情報は古いです
エクストレイルの最新ニュースはこちらです
 NEW  日産 来春発売エクストレイルから初搭載 1.5L VC-Turbo e-POWER 中大型車種も電動化へ
タイトルとURLをコピーしました