【SUV比較】RAV4の販売堅調も、フルモデルチェンジしたハリアーに勝てない理由

RAV4

現行型RAV4は、2018年のフルモデルチェンジで約2年8ヶ月の販売空白期間から国内ラインアップを復活させたモデルである。

新型RAV4 モデルチェンジ

RAV4

以降、トヨタは国内中型SUVのカテゴリをRAV4とハリアーによる2モデル体制で構え、販売を強化してきた。そんななか昨年2020年6月、トヨタで行われたのが、ハリアーの4代目へとなるフルモデルチェンジである。これをきっかけに、RAV4の国内販売は堅調ではあるものの、ハリアーに対しては歯が立たない状況となっている。

今回の記事は、その理由について探っていく。

ハリアー

ハリアー

RAV4とハリアーはTNGA(GA-K)プラットフォーム採用で共通部分が多い

現行型のRAV4とハリアーを比較すると、共通する部分が多い。

いずれもホイールベース2690mmのTNGA(GA-K)プラットフォームを採用し、搭載されるエンジンはダイナミックフォース世代のもの。

2.0L NAはM20A-FKS型で、2WDとAWDが用意される。
2.5LハイブリッドはA25A-FXS型で、2WDとE-Fourが設定される。

A25A-FXS

A25A-FXS型

この辺りまでは、両モデルで共通化されている部分である。

RAV4

RAV4

ちなみに、RAV4のパワートレインについてはPHVもあるが、月間300台規模に留まっており、EVブームによって高まる需要に対し、十分に供給できていない状況だ。

RAV4とハリアーはエクステリア、キャラクターの違いで差別化

両モデルの大きな違いの一つがエクステリアの方向性である。

RAV4はクロスカントリー風、ハリアーはシティSUV風の外観が与えられている。しかし、これは日本のユーザーがRAV4よりもハリアーを選ぶケースが多い理由の「決め手」では無いであろう。

RAV4 現行型

RAV4 現行型

RAV4よりハリアーが多く選ばれる理由はプレミアム感の違い

RAV4がハリアーを超えられない理由は、モデルネームが持つプレミアム感にあると考える。

現行モデルでこそRAV4とハリアーは、ほぼ同じ車格にあるが、時代を遡ってみると、その差は大きい。

RAV4は、かつてはコンパクトSUVで大ヒットしたモデル

RAV4の初代型および2代目モデルは、BセグメントのクロスオーバーSUVであり、今で言えばライズと同程度の車格である。当時の免許取り立ての若者が、最初に所有するようなモデルでもあった。これが大ヒットとなったから、この時のイメージが強く定着してしまった。

RAV4初代モデル

RAV4 初代モデル

日本でのRAV4ブーム終了後、主力市場が北米に移され、3代目RAV4から大型化を受けた。そして、続く4代目 RAV4が日本発売に至らなかったことは、過去のコンパクトSUVのイメージが、ユーザーの頭の中で十分に上書きされなかった要因の一つにもなっているだろう。

RAV4 ニューヨークモーターショー2013

RAV4 4代目モデル

現行の5代目RAV4は、初代型モデルとは比較するに値しないほど、一見して立派となった。しかし、過去のコンパクトSUVのイメージが、当時を知るユーザーの心のどこかで引き摺られたままで、価格相応以上のプレミアム感を与えるには至っていないのではないか。

RAV4とは違う、ハリアーは初代からプレミアムSUV

一方で、ハリアーは1997年の初代モデルからプレミアムSUVとしてのスタートであった。北米ではレクサスRXシリーズとして販売されたぐらいであるから、客観的に見てもプレミアムクラスであることは明らか。

ハリアー初代モデル

ハリアー初代モデル

3代目ハリアーからは、RXシリーズとは別設計となり、実は「脱プレミアム化」を受けている。

しかし、フルモデルチェンジの度に、アップグレードされる装備とスタイリッシュな内外装を提供することで、ユーザーにプレミアム感の低下を感じさせる隙を与えていないのだ。

結果、ハリアーは価格以上のプレミアム感を演出することに成功している。

ハリアー トヨタ

ハリアー三代目モデル

RAV4が国内市場において、ハリアーに勝てない理由は、こういったところにあると考える。

タイトルとURLをコピーしました