エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産
このページの情報は古いです
エクストレイルの最新ニュースはこちらです
 NEW  日産 来春発売エクストレイルから初搭載 1.5L VC-Turbo e-POWER 中大型車種も電動化へ

日産の後期型エクストレイルが自動運転技術採用、マイナーモデルチェンジ

日産は2017年6月8日にエクストレイルのマイナーモデルチェンジを発表した。

(写真は新型エクストレイル)
エクストレイル マイナーモデルチェンジ

現行型エクストレイルは、2013年12月にフルモデルチェンジを受けた3代目モデルである。デビューから三年半が経過するタイミングでマイナーモデルチェンジが施され、後期型エクストレイルの販売が始まった。

後期型エクストレイルは、新世代Vモーショングリルでフロントデザインを一新

後期型エクストレイルは、新型Vモーショングリルが採用されたのが目立った特徴となる。前期型はフロントグリルのブラックアウト部分が小さくエコイメージが強調されていた。後期型ではブラックアウト部分がV型メッキガーニッシュの下方にも拡大され、よりクロスオーバーSUVらしい力強いイメージに仕上げられた。このような特徴をもつ新型Vモーショングリルは、今後発表される日産の他の車種にも適用されていくことが予想される。

エクストレイル

ヘッドランプ形状もリニューアルされており、眼つきにも変化が見られる。

エクストレイル プロパイロット

そして、新型エクストレイルで最も注目されているのが自動運転技術プロパイロットの採用である。昨年2016年よりセレナで先行導入された技術がエクストレイルにも導入され、高速道路における単車線走行の自動運転が可能となる。

X-TRAIL

新型エクストレイルの車両価格は、20Sグレードの219万7800円、ハイブリッドは20S HYBRIDグレードの258万9840円がボトムラインとなる。プロパイロットは約14万円高でメーカーオプション設定扱いとなる。実質24万円程度と考えられていたセレナのプロパイロットからコストダウンが進んでおり、今後の採用モデル拡大が期待される。

このページの情報は古いです
エクストレイルの最新ニュースはこちらです
 NEW  日産 来春発売エクストレイルから初搭載 1.5L VC-Turbo e-POWER 中大型車種も電動化へ
タイトルとURLをコピーしました