car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

GT-R R35型最終モデルがニューヨーク国際オートショー2016で公開見込み

日産が現行GT-R最終モデル?をニューヨーク国際オートショーで発表予定

日産GT-Rの現行型最終モデルの発表が3月23日にプレスデーを迎えるニューヨーク国際オートショー2016でワールドプレミアされる計画となっている。日産は実車公開を予告するティザー画像1枚を発表している。

(写真はGT-R最終モデルと思われるティザー画像)
GT-R最終型

公開されたティザー画像は、そのシルエットとテールランプからGT-Rのバックショットであることが判るが、詳細は明かされていない。ただし、このティザー画像はニューヨークショーの日産にとってスペシャルな存在になると、非常に意味深なアナウンスがなされている。つまり現行型GT-Rの最終モデルであることが予想される。

GT-Rのフルモデルチェンジは近いのか、次期型はコンセプト2020ビジョングランツーリスモ風

(写真は現行GT-R nismo)
GT-R nismo 2015 GT-R nismo リアコンビネーションランプ

現行GT-Rは2007年にデビューしたR35型で、販売期間9年となるタイミングに来ている。モデル末期ということで近々フルモデルチェンジされるという噂もあるが、確かな情報は日産からは発信されてこなかった。今回のGT-R最終モデルの発表により、フルモデルチェンジ実施時期が近づいていることが想定される。

GT-R nismo フロントグリル GT-R nismo マフラー

公開される新型GT-Rは2017年モデルということになる。これまでいくらかのメディアはGT-Rのフルモデルチェンジ時期として2018-2020年を挙げるケースが多かったが、これが現実味を帯びてきたことになる。

(写真はNISSANコンセプト2020ビジョン グランツーリスモ)
日産コンセプト 2020 ヴィジョン グランツーリスモ 次期GT-R コンセプト2020

日産はこれまでに次期GT-Rを予告するコンセプトモデルを発表していないが、東京モーターショー2015で出品された日産コンセプト2020ビジョン グランツーリスモがこれにあたるという噂もある。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント