car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スカイライン オールージュの市販化は難しい、インフィニティQ60のクーペに期待

スカイラインのボディにGT-Rエンジン搭載、Q50オールージュ市販化は困難

スカイライン(海外車名インフィニティQ50)に、GT-Rの3.8L V6 ツインターボエンジンを搭載したQ50オールージュが昨年2014年の北米国際オートショーで公開されていた。その後、世界各国のモーターショーでその車体は披露され、Q50オールージュの市販化が期待された。

(写真はインフィニティQ50 オールージュ)
スカイライン infiniti q50 オールージュ

日本市場においてもスカイラインオールージュとしての発売が予想されたが、その計画は中止となったようである。

スカイライン GT-R infiniti q50 オールージュ インフィニティ Q50 オールージュ 日産スカイラインGT-R

スカイラインオールージュ市販推進派の幹部がヘッドハンティングにより日産を退職

インフィニティQ50オールージュに搭載される3.8L V6 ツインターボエンジンは最高出力560ps、最大トルク61.2kgmであった。

V6 3.8L ツインターボエンジン

このエンジンに組み合わさるトランスミッションは、GT-Rでは高トルクに対応した6速DCTが採用されるが、スカイラインではパッケージングの問題から同タイプの搭載は不可能。その代わりとして7速ATがQ50オールージュでは採用された。しかし高トルクエンジンへの対応はここからさらなる開発を要する。

スカイライン インフィニティQ50 オールージュ ジュネーブ2014 スカイライン GT-R Q50 オールージュ 2014

もちろんこういった技術的課題は当初からわかっていたことである。しかし、スカイライン オールージュ市販化を推進していた、ヨハン・ダネイスン氏、アンディ・パーマー氏ら主要メンバーが日産グループを去るという人事が2014年の夏にあった。そのことによって彼らが進めていた採算性の低いモデルの計画は中止。スカイラインオールージュ開発についての資金調達が難しくなったというわけだ。

(画像はインフィニティQ60)
インフィニティQ60 コンセプト インフィニティ Q60 コンセプト リアコンビネーションランプ

一方で、今年2015年の北米国際オートショーではインフィニティQ60が発表された。これは次期型スカイラインクーペに相当するモデルであるが、この車体にモンスターエンジンの搭載を期待する声が早くも上っている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント