スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

日産はスカイライン プレミアム スポーツ コンセプトを出品

日産は東京オートサロン2017でスカイライン プレミアム スポーツ コンセプトを出品した。

(写真はスカイライン プレミアム スポーツ コンセプト)
スカイライン プレミアム スポーツ コンセプト

毎年1月に開催される東京オートサロンは、カスタムカーイベントということもあり、派手な装飾がなされたクルマが数多く並ぶ。そんななか、日産が発表したスカイライン プレミアム スポーツ コンセプトは地味ながらも非常にクールに仕上がっており注目された。

マットシルバー色でペイントされたボディは、同ブランドのフラグシップスポーツカーであるGT-Rを連想させる。足回りはブラック塗装された専用の19インチホイールが履かされ、タイヤハウスは上品に切り詰められる。なかでもフロントスポイラーおよびリアスポイラーはカーボン製となっておりクールなアクセントとしての役割を果たす。

日産スカイライン プレミアム スポーツ コンセプト

HYBRIDのプレートがあることから、V6 3.5Lハイブリッド仕様がベース車となっている。この雰囲気であれば、2.0Lターボ仕様でもキャラクターと合うだろう。

スカイラインシリーズは60周年を迎える、プレミアムとスポーツの両立

実は、スカイラインは初代モデル登場から今年2017年で販売60周年を迎える。長い歴史のなかでスカイラインはスポーツからプレミアムへイメージを変化させてきた感じがあるが、そのいずれもが両立する形でカスタマイズされたのが、今回のスカイライン プレミアム スポーツ コンセプトというわけだ。

スカイライン プレミアム スポーツ コンセプト 東京オートサロン2017

ここまで上品にスポーティに仕上げられると、現行スカイライン否定派のかつてのスカイラインファンもかなり気になる一台となるはず。

関連するレポート

[ 2017/01/16 ]
#1 匿名さん2017/01/19(Thu)13:21:20
>ここまで上品にスポーティに仕上げられると、現行スカイライン否定派のかつてのスカイラインファンもかなり気になる一台となるはず。

そうじゃないんだよ。現行スカイラインはあまりにも高価になりすぎて手が出せないんだよ。
#2 匿名さん2017/01/20(Fri)16:16:31
日本人は貧しくなったからねえ…
国内で売れないから各メーカーも米中での販売を強く意識するようになり、どんどん巨大化。そしてさらに国内で売れなくなる、という負の連鎖。
#3 匿名さん2017/01/20(Fri)21:44:48
最低ラインでもなんだかんだで450万
上を見れば600万オーバーの世界
V35の頃でもこんなにしなかったと思うんだが
とにかくミドルサイズセダンの値段じゃねぇ
#4 匿名さん2017/01/21(Sat)18:21:35
スカイラインの下になるとシルフィしかない日産のセダンラインナップ。
売れないから作らないのか、作らないから売れないのか・・・
シルフィも素材としてはいいのに・・・

SSSという日産にしかないグレードがあるのに、スポーツセダンを待ちわびる日産ファンの嘆きです。
#5 匿名さん2017/01/21(Sat)22:14:55
TOYOTAだってマークXなくなるよ
だいたいXってなんだよ
#6 匿名さん2017/06/17(Sat)21:41:51
スカイラインの値段が上がったのは確かだが、世界の日本以外の国はGDPも所得も伸びていて、日本だけが20年間そのままだから買えなくなっちゃったということ。
高いといっても同クラスのドイツ車やレクサスより安いし。
巨大化したといっても、アテンザやティアナなんかと違って実寸を知らなければ小さいと感じるデザインだから、それが原因で売れなくなってる訳じゃないでしょ。
エクストレイルみたいにデザインがまるっきり変わっても、CMで印象操作すれば売れ続けるわけだし。
#7 匿名さん2017/06/22(Thu)07:24:30
クラウンで十分

名前(任意)
コメント
コメント投稿

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

N-BOXスラッシュがマイナーモデルチェンジの見込み、新デザインテーマ設定か

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ノートにディーゼルエンジン搭載モデルが登場、日本導入の可能性は?

マツダ・CX-3にガソリンエンジン搭載車が追加発売、2017年秋

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.