ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

ノート e-POWER発売、日産が小型HVセグメントへシリーズ式ハイブリッドで挑む

日産・ノート e-POWERが2016年11月2日発売された。従来型パワートレイン搭載モデルもマイナーモデルチェンジを受け、後期型へ移行している。

(写真は新型ノート e-POWER)
ノート e-POWER フロントグリル

ノート e-POWERは日産初のコンパクトハイブリッドカーとなる。ライバルはトヨタ・アクア、ホンダ・フィットハイブリッドといった登録車販売台数ランキングでもトップクラスのモデル。ただし、ノート e-POWERがライバル車を凌ぐ人気モデルとなるかは、結論から言うと少し難しいかもしれない。

ノート e-POWER 日産2016 ノート e-POWER インテリア

ノート e-POWER、シリーズ式ハイブリッドではパラレル・シリーズ式に勝てないのか

新型ノート e-POWERのグレードラインアップは、e-POWER Sが177万2280円、e-POWER Xが195万9120円、e-POWER MEDALISTが224万4240円、e-POWER X モード・プレミアが220万7520円となる。

ノートe-POWER X モード・プレミア ノートe-POWER X モード・プレミア リアコンビネーションランプ

ノート e-POWER Sは空調装備がダイヤル式のマニュアルヒーターとなっており、エアコンは装備されない。実質的には約196万円のe-POWER Xが通常ユーザーが購入の対象となるエントリーモデルと考えていいだろう。JC08モード燃費は34.0km/Lということになり、これはアクアの37.0km/L、フィットハイブリッドの36.4km/Lよりも劣る。車両価格を比較してもノート e-POWERはライバル車よりも高く、分が悪い状況だ。

e-power ハイブリッド ノート e-POWER シート

ノート e-POWERはシリーズ式ハイブリッドが採用されている点も話題の一つとなっている。駆動力は電気自動車のリーフと同じく電気モーターのみから得ることになり、発電専用として直3 1.2Lガソリンエンジンが搭載される。シリーズ式ハイブリッドは、アクアやフィットハイブリッドのパラレルシリーズ式ハイブリッドよりも単純なシステムではあるが、コストと効率の両面で不利と考えられこれまで同クラスで採用されなかった。

(写真はスイフトEVハイブリッド)
スイフトEVハイブリッド 東京2011

かつてはスズキがスイフトをベースにシリーズ式ハイブリッドのコンセプトモデルを発表していたが、これは市販モデルとして実現されなかった。2016年末に発売予定のスイフトハイブリッドは、パラレル式ハイブリッドを採用する。

関連するレポート

[ 2016/11/03 ]
#1 匿名さん2016/11/04(Fri)23:53:13
三菱がごまかすなら
日産は正面突破するわけですねわかります
宣伝文句のためだけにわざわざグレードを作るとか
これはこれでひどい
#2 匿名さん2016/11/05(Sat)00:49:40
技術の日産か…頑張れ。
#3 匿名さん2016/11/06(Sun)20:10:36
燃費はイマイチかもしれないがモーターカートだから加速は良さげ。アクセルオフですぐにブレーキが作動とか…
疲れそう、長距離には不向き
#4 匿名さん2016/11/07(Mon)02:58:02
フィットも通常(売れ筋)のヤツは33.6km/Lですよね

36.4km/Lの燃費スペシャルはさすがにエアコンは付いてるけど
小燃料タンクで装備は簡素&メーカーオプション付けれないし
ほとんどのユーザーは購入候補から外れると思う
#5 匿名さん2017/02/13(Mon)11:06:44
5年前のアクアより遥かに劣る日産の技術
エアコン無しモデルをお抱えマスコミで騙して売るのは末期的
次期エクストレイルも軽自動車も三菱の技術って
経理屋カールによって日産の技術は8年遅れ!かな

名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.