日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

セレナ e-POWER+プロパイロットで2.0Lクラスミニバンで存在感

東京モーターショー2017の開催が来月に迫った。次世代を見据えたコンセプトモデル出品についての情報もあるが、一般ユーザとしては実用車のニューモデルも気になるところ。今回は2.0Lクラスミニバンのセグメントが大きな注目となりそうで、日産からはセレナ e-POWERが出品される予定となっている。

(写真は現行セレナ)
セレナ highway STAR

セレナは2016年に自動運転技術のプロパイロットを搭載したことで、販売台数を大幅に回復させた。次は新型パワートレインのe-POWER採用が計画されているが、その仕様についてまだ確定的な情報が少ない。

発電用エンジンはノートe-POWERからキャリーオーバーとなる直3 1.2Lエンジンの採用が有力。セレナ e-POWERでは駆動時間の拡大、あるいはエンジン回転数のアップにより、ノート e-POWERよりも発電量が増やされることになるだろう。

(写真はノートe-POWER)
ノート e-POWER エンジン

ノートとセレナの車体重量の違いから、モーター出力については上げられる可能性がある。ただし開発に掛けられる時間を考えれば、これは容易ではない。発売時期が延びてきた経緯もこのあたりが原因か。

セレナ e-POWERは、東京モーターショーでは市販プロトの出品にとどまり、発売は2018年に入ってからになる見込みである。

セレナ e-POWERと対抗する各ライバルモデル、東京モーターショーで新型車を出品

(写真は新型ノア)
ノア

ライバルモデルでは、トヨタがノア/ヴォクシー/エスクァイアを2017年7月にマイナーモデルチェンジしたばかり。旧式のTHSⅡ採用ながらも、燃費性能、出力とも依然として現在でも通用するもので、コストパフォーマンスも高い。

(写真は新型ステップワゴン スパーダ)
ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

さらに、ホンダはステップワゴンを9月下旬にマイナーモデルチェンジさせる予定で、東京モーターショーには市販車を出品させることになる。高性能ハイブリッドのSport Hybrid i-MMD搭載、そして新エクステリアで販売台数を確実に増やしてくるはず。ただし、ハイブリッドは上級のスパーダのみの設定でコストパフォーマンスがやや悪いのがデメリットとなる。

関連するレポート

[ 2017/09/03 ]
#1 匿名さん2017/09/03(Sun)17:57:06
バッテリーも多くなりそう。
#2 匿名さん2017/09/04(Mon)21:08:27
そもそもミニバンなんて燃費気にして乗る類じゃないし、そんなにコストかけてどーすんの?ってのが個人的な意見。
#3 匿名さん2017/09/05(Tue)16:20:37
セレナとか中流階級が乗る車だから、燃費気にするに決まってるだろ。でも広さも欲しい。独身にはわからんと思うが。
#4 匿名さん2017/09/14(Thu)14:33:31
独身だけど一度ミニバン乗るとそれ以外の車は窮屈に感じてしまうな。トールコンパクトが売れるのも分かる。
#5 匿名さん2017/09/14(Thu)20:43:56
窮屈ですか・・・
ダボダボズボンよりスキニーパンツのタイト感の方が見ていて綺麗だし美しいと感じるのは少数派か。
庶民的でないってか。
#6 匿名さん2017/09/14(Thu)22:03:37
自分のような華奢には、ミニバンの高重心で50km以上走ると、揺れとか横Gがイラッとしてくる
#7 匿名さん2017/09/17(Sun)21:55:03
#3
独身と決めつけるとは心外だなー。
一応既婚者だけど、既婚者が皆ミニバン求めてると思ったら大間違い。

この類はとにかく沢山人乗れて荷物詰めることが最重要で、燃費なんて二の次三の次だろ。
要するに貨物なんだから、燃費気にすること自体野暮な話って思うけど。

#5
この類の車を買うユーザーは居住性&積載性重視だから気にしなさんな。
↑さえ満たしていれば、外見なんてどーでも良いんだから。

#6
俺は全高の高い車独特のフワフワ感がダメ。
シャコタンは論外だけど、程々の全高で安定感がある車が一番だよねー。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.