car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ノート ハイブリッド2015年東京モーターショー発表予測、日産初のコンパクトHV

日産がノートハイブリッドとしてBセグメント向けの1.2Lスーパーチャージャーハイブリッド

日産のBセグメントコンパクトハッチ、ノートにハイブリッドモデルが追加される計画となっている。

(写真は現行ノート)
日産ノート 2013

今年2015年の日産はキューブ後継のコンパクトミニバンを除いて、フルモデルチェンジ相当の新型車発売に向けて動きが少ない。ただしハイブリッド技術については大きく進化することになる。

日産ノート 東京モーターショー2013

ノートハイブリッドの追加により日産は4タイプのハイブリッドシステムをラインアップ

日産これまで上級車向けのハイブリッドパワートレインを優先して開発してきた。日本市場向けにはフーガ、シーマ、スカイラインに搭載される1モーター2クラッチ式のV6 3.5Lハイブリッドがこれにあたり、その実績は大きい。

(写真はV6 3.5L ハイブリッドパワートレイン)
日産V6ハイブリッドパワートレイン

また、海外モデルのパスファインダーおよびインフィニティQX60に搭載された直4 2.5Lのスーパーチャージャーハイブリッドにおいても市販実績を持っている。

(写真は2.5L スーパーチャージャーハイブリッド)
直4 2.5L スーパーチャージャー ハイブリッド

そして、今春発売されたばかりなのがエクストレイル ハイブリッドで、新たに直4 2.0Lハイブリッドを市場投入してきた。このハイブリッドユニットはセレナなどの中型車へも採用が広まる見込みとなっている。

(写真はエクストレイルハイブリッド)
日産 エクストレイル ハイブリッド

残るはコンパクトクラス向けのハイブリッドとなるが、これはノートハイブリッドとして2015年秋にも発表される見込みとなっている。おそらく10月の東京モーターショーが発表の場となるだろう。

(写真はJC08モード最高燃費のトヨタ・アクア)
アクア

ノートハイブリッドに搭載されるユニットは、現行の直3 1.2Lガソリンエンジン+スーパーチャージャーをベースにモーターアシストが追加されたシステムとなる見込み。燃費性能はJC08モード37.0km/Lのアクアや同36.4km/Lのフィットハイブリッドがベンチマークとなり、JC08モードで37km/L前後の達成が必須条件となるだろう。

#1 大山海山2016/10/14(Fri)17:35:42
日産ノートハイブリッド車気になる価格対は

名前(任意)
コメント