car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

日産スカイラインクーペのフルモデルチェンジは2016年、インフィニティQ60画像

次期スカイラインクーペCV37型となるインフィニティQ60コンセプトがジュネーブ発表

日産が海外で展開するプレミアムブランド、インフィニティは、今月3月に開催されたジュネーブモーターショー2015でインフィニティQ60コンセプトを欧州初公開した。

(写真はインフィニティQ60コンセプト)
インフィニティ Q60コンセプト

インフィニティQ60コンセプトは、1月に開催された北米国際オートショー2015で、ワールドプレミアされたモデル。まずはインフィニティの主戦場である北米市場に向けて次期Q60がアピールされ、その後のジュネーブで欧州市場に向けてのプロモーションが行われた。

インフィニティ Q60 次期スカイラインクーペ

次期インフィニティQ60は、日本市場では引き続きスカイラインクーペとしてのラインアップとなるだろう。既に現行スカイラインは、海外モデルのインフィニティQ50の車体とエンブレムを含めて共通化されている。このQ60も同様にインフィニティエンブレムを付けてCV37型として日産のラインアップに加わることが予想される。

日産スカイラインクーペ後継モデル

エクステリアデザインの方向性は、2014年パリ発表のQ80インスピレーションの流れを汲む。シート配置は現行型同様に2+2座となる。

次期スカイラインクーペ インフィニティQ60

次期スカイラインクーペは新開発3.0L V6ターボ搭載、フルモデルチェンジ発売は2016年

次期スカイラインクーペに搭載されるパワートレインは、新開発の3.0L V6ツインターボエンジンでトランスミッションは7速ATと発表されている。最高出力は400psクラス、さらにハイパフォーマンス版も用意されこちらは450psクラスになるということであった。これらのユニットは未だ完成には至っていないが、現行モデルからの大幅なスペックアップになるだろう。

CV37スカイラインクーペ

またスカイラインオールージュとしてスカイラインの車体にGT-RのVR38DETTを搭載させたコンセプトモデルがあったが、これはスカイラインクーペで実現される可能性も指摘されていた。これが市販に至れば最高出力560psクラスのモンスターマシンがこのQ60のボディで登場することになる。

Q60のフルモデルチェンジ時期は、北米、欧州ともに2016年としており、恐らく日本の日産スカイラインクーペも同時期にフルモデルチェンジされることになるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント